女子大学生が学費を払えない?授業料はパパ活で月10万円稼いだ

パパ活

わたしは、20歳の大学3年生です。

友達もできたし、サークルにも入っていて、毎日が充実しています。

もちろん勉強もしていますよ(笑)

 

そんなわたしなんですが、1つ不安なことがあります。

それは・・学費です。

 

今までは親に払ってもらっていたんですが。

親が失業してしまい・・学費を払えなくなってしまいました

 

猛勉強をして入った大学なので、できればやめたくないです。

でも、大学の学費を払うことができない・・・

 

どうしたらいいのか?

そこでバイトを探すことにしました。

 

学費が払えない女子大学生・・バイトを探してみた

今もバイトをしているのですが、正直、単価が低いです。

時給800円ですからね(;’∀’)

 

もっと単価のいいバイトがないかなーと思い探してみることにしました。

 

わたしは、タウンワークなどを利用して、探しました。

でも、なかなか単価がいいバイトが見つからないです。

 

いいバイトが見つからないと・・なんかイライラしてきます(;’∀’)

 

力仕事とかならあるんですが。

わたしは女子なのでそういう仕事ができないです。

うーん。どうしたものか?

 

大学の授業料払えないなら、キャバ嬢はどう?

お金に困っている大学生がキャバ嬢をやっていることもあります。

わたしの友達にもいます。

 

キャバ嬢も考えたんですが・・わたしはお酒を飲むことができないですし

ああいう世界ってなんか怖いですよね。

 

わたしの偏見かもしれませんが・・。

1度そういう世界に踏み込むと、抜け出せないんじゃないか?

風俗とかに誘われるんじゃないか?

 

いろいろと考えてしまって・・キャバ嬢はできないです。

わがままばかり言ってても仕方ないんですが(;’∀’)

 

やりたくないものはやりたくないですからね。

 

学費を払えない大学の友達に聞いてみた

わたしが学費を返すことに困っていることを、友人に相談してみました。

学費払えないんだよねー

何かいいバイトない?

それなら、パパ活はどう?

わたしも学費が払えなくて困っていたんだけど、

いいパパに出会えたから、なんとかなってるよ。

危険ではない?
体の関係さえ持たなければ大丈夫だよ。

そうなんだね。

 

パパ活かー。

わたしは、ドラマでしか聞いたことがなかったですが、

ありと言えばありなのかもしれない。

そういう気持ちになりました。

 

そこで、もう少しパパ活について友人に詳しく聞いてみることにしました。

 

女子大学生のパパ活の相場はどのくらい?

大学の学費を返すことで、パパ活をしたいのですが、

気になるのが相場です。

 

どのくらいのお金をもらえるのか?

大体、相場はこのくらいです。

 手当
顔合わせ3,000円~1万円
食事のみ5,000円~2万円
デート1万円~3万円

 

かなりの金額をもらえます。

正直、これだけの金額がもらえれば、学費を払うことができると思います。

 

女子大学生っていうだけで相場は高い

パパ活をしている女子の年齢層は、20代~50代くらいです

え?

そんな年齢層の人までやっているの?

 

そうなんですね。

実際にこのくらいの年齢層の女性がパパ活をしています↓

年代別パパ活女子の割合

パパ活をやると分かるんですが、若ければ若いほどパパに人気があります

相場も若いほど高くなる傾向にあります。

 

ちなみに年齢別のパパ活の相場は、こちら↓

 手当(金額)
20代5,000円~2万円
30代5,000円~2万円
40代5,000円~1万円

特に大学生は人気があるので、かなりの額を稼げると思いますよ。

 

大学の授業料を払うには、パパ活どのくらい稼げばいい?

大学の授業料は、年間100万円くらいかかります。

これを月に換算すると・・8万円くらいです。

 

 

昼間は授業がありますが、

午前中で終わることもありますし、土日は完全フリーです。

割と時間はあるので、すぐにこのくらいの金額を稼ぐことは可能です。

 

パパと10回くらい会えば、10万円は稼げますので。

 

これを継続していけば・・確実に学費を払うことはできる。

そういう気持ちになり、パパ活を始めてみることにしました。

 

女子大学生のパパ活って怖い?

パパ活を始めてみようとは思ったのですが・・。

やはり、パパ活に対して、ちょっとまだ恐怖感がありました。

 

そこで。

パパ活について・・気になる点を調べてみることにしました。

 

①体の関係があるか?

パパ活は体の関係があるかは、その人によって違います。

 

 

体の関係ありなら、手当も増えますので、

たくさんお金が欲しいと思っている人は、体の関係ありでやっているようです。

 

 

ちなみに・・体の関係ありの場合の手当がこちらです↓

 手当(金額)
体あり2~5万円

どうでしょうか?

たくさんの手当がもらえますよね。

 

でも、わたしは体の関係を持たないでパパ活をしています。

 

まだ大学生ですし、体の関係を持つことで、大事なものを失うような気がしたので。

 

②パパに襲われることはある?

例えば・・わたしが体の関係を持ちたくないと思っていても、

パパの方がそういう気持ちでいた場合、襲われるかもです。

 

それは、大丈夫?

正直、これは、会う場所を間違えなければ大丈夫です

 

初めてパパと会う場合、密室は避けた方がいいです。

  • 人気のない公園
  • カラオケ

このようなところが危ないです。

 

逆に言うと、人が多いところで会えば襲われるような心配はないです。

特に大学生は若い女子なので、襲いたくなるようです(;’∀’)

 

このように、人気のないところで会わないようにすれば、

 

安全にパパ活をしていくことができます。

 

女性大学生のパパ活は、どんなことをする?

じゃあ、逆にここで疑問が。

体の関係を持たないで・・パパ活をしていくにあたって、どんなことをするのか?

 

①食事

パパ活の中で1番頻度が高いのが食事です。

 

特に大学生の場合は、1人暮らしをしていることが多いと思います。

1食分浮きますしね。

 

②デート

デートでは、以下のようなところにいきます。

  • 映画
  • ショッピング
  • イベント

 

普通のカップルがデートをするようなイメージですね。

 

 

このように、体の関係なしのパパ活でもやることって、

結構あるんですよ。

 

泊りとか車のデートは、体の関係に持ち込まれる可能性があるのでやめましょう。

 

女子大学生は授業もあるので、パパ活は効率が大事になる

パパをどうやって探すのか?

 

ここがすごく気になると思います。

わたしがおすすめなのは、出会い系サイトですね。

 

なぜか?

その理由を紹介したいと思います。

 

①効率よく探せる

出会い系サイトでは、パパを効率よく探せます。

 

出会い系サイトの検索機能を利用して、

 

年齢や地域で検索すれば簡単にパパを探すことができます。

 

大学の講義の合間とかに、スマホでパパを探していきしょう。

 

②太パパを探しやすい

太パパの基準は、手当をたくさんくれるパパです。

 

でも、最初は誰が手当をたくさんくれるか分からないです。

そこでおすすめなのが、年収で検索する方法です。

 

年収が多ければ・・手当が増える可能性が高いです。

 

年収が多いパパは人気がありますが、大学生はパパに人気があるので、

打ち勝っていけます。

まずは、気軽に連絡をとってみるといいです。

 

具体的にどうやってパパを見つけるのか?

パパを見つけるのには、いろいろと方法があります。

いくつか紹介したいと思います。

 

①パパからの連絡を待つ

出会い系サイトに登録をすると、パパから連絡があります。

新規の女性は人気があるので。

まずは、パパからの連絡を待ってみましょう。

 

②掲示板を利用する

出会い系サイトには、掲示板があります。

掲示板に書き込みをして・・相手からの反応を待ちます。

 

書き込みをしても連絡がないのでは?

そう思うかもしれませんが、全然そんなことはないです(笑)

めっちゃ連絡があります。

 

③こっちからアプローチをする

出会い系サイトでは、プロフィールを見ることができます。

パパのプロフィールを見て、アプローチをします。

 

大きく分けてこの3つの方法がありますので、

 

気軽にやってみてください。きっといい出会いがありますから。

 

Twitterは女子大学生を食い物にする

大学生がパパ活をやる時に、やめた方がいいのがTwitterです。

 

なぜ?

単純に危険だからです(笑)

よくパパ活で事件みたいのが起きていると思うんですが、

ほとんどがTwitterがらみです。

 

そもそも、なぜTwitterは危ないのか?

出会い系サイトは身元がはっきりしていますが、Twitterは身元がはっきりしないからです。

 

 

Twitterの特徴は匿名性が強いところなんですが・・そこが逆に危ないです。

業者とかサクラも多いのでやめましょう。

 

特に大学生は変な人に食い物にされることが多いです。

 

女子大学生のパパ活は、はまりすぎないことが大事

パパ活をするとたくさんのお金をもらうことができるので、

はまってしまう大学生も多いようです。

 

でも、やっぱりパパ活でのバイトは邪道だと思いますので、

 

あくまでも学費を払うためだけにやった方がいいです。

 

欲しいもののためにパパ活をするってことに意識が集中してしまうと、

パパ活の生活がメインになってしまいます。

 

人間は欲が出てくるものです。

どんどんお金が欲しくなってしまいます。

 

大学生の本文は勉強です。

勉強がおろそかになってしまいパパ活ばかりやっていたら、本当に意味がないですからね。

パパ活はあくまでも学費のため。

それ以外はやらないという気持ちで、パパ活をするのがちょうどいいのかなと思います。

 

女子大学生のわたしのパパ活の体験談

わたしは、大学3年から4年までの2年間パパ活をしました。

 

パパ活の内容としては・・食事がメインでした。

授業が終わってからパパと食事に行く。

そんな生活を続けていきましたね。

 

パパと知り合った場所は、出会い系サイトです。

出会い系サイトは、女性は無料です。

そこが大学生のわたしにとって、すごくうれしかったですね。

 

最初はなかなか報酬が伸びなかったですが、定期のパパになってくれたあたりから、

報酬が徐々に伸び始めました。

 

最終的に、月10万円以上、稼げるようになりました。

 

学費を払い終わった後に、少しお金が残ったので、それは卒業旅行に使いました。

 

すごくハードな大学生活でしたが、

きちんとお金も払いましたし、さらに勉強できて、遊ぶこともできたので有意義な大学生活でした。

 

学費を払い終えたところで、パパ活をやめましたが、

なんだかんだで大学4年生のギリギリまでパパ活をしていましたね(笑)

 

就職して思うこと・・学費を払っておいてよかった

就職してから思うことは、大学のうちに学費を払っておいてよかったってことです。

 

わたしの会社の10年先輩でもいまだに奨学金を返している人がいます。

実際に働くようになると、

残業もありますし、パパ活をすることはなかなか難しくなってきます。

 

やっぱり仕事は、すごく疲れますからね。

そういう意味でも、大学のうちに学費を払っておいてよかったです。

 

本業で稼いだ給料が学費を払うことに使われるってなんか嫌じゃないですか。

働いたら働いたで、やりたいことがでてきますし、車とかも買わないといけないです。

 

学生時代に払えるものは、払っておく。これが1番ベストかなーと思います。

 

さいごに

わたしが大学生活をしてみて思ったことは、大学の学費をもう少し下げてほしいってことですね。

やっぱり大学の学費はちょっと高すぎかなと思います。

 

年間100万円って、相当なお金です。

世の中の親は本当に頑張っているなと、改めて実感します。

とは言っても、体を売るのは絶対にダメです。

 

確かに体を売れば簡単にお金を稼ぐことはできますが、大事なものを失ってしまいます。

体の関係をもたないで、パパ活するのなら全然アリだと思います。

食事とかでパパ活をして学費を返していけばいいと思います。