パパ活の相場が下落しているって本当?真実は・・・

パパ活相場下落

パパ活の相場が下落している。

そんなニュースを目にすることが多くなってきましたね。

 

パパ活をしているわたしからしたら、

こういうニュースを見るとドキっとしてしまいます。

 

わたしのパパ活の手当も一気に下がっていくのか?

不安になってしまいます。

 

で・・。

実際のところどうなんでしょうか?

 

パパ活アプリランキングTOP3
1位 ワクワクメール

ワクワクメールパパ活

掲示板を利用することで・・太パパが探せます。

1.5倍~2倍の手当をくれるパパが多いです。

ワクワクメールの公式サイト

   

2位 ミントC!Jメール

Jメール

ミントC!Jメールは、若いパパがいる印象です。

デート気分でパパ活をしたい人におすすめです。

ミントC!Jメールの公式サイト

   

3位 シュガーダディ

シュガーダディパパ活

シュガーダディは、資産検索ができるので、リッチなパパを探すことが可能です。

シュガーダディの公式サイト

 

ユウ

3つとも無料で登録できますので、まずは登録しちゃいましょう。

相場は、どうやって決まる?

そもそも、相場ってどうやって決まるんでしょうか?

 

基本的には、売り手と買い手の関係で決まります。

 

ちょっと難しいかもいしれませんが、

そんなことはないので聞いてください。

 

ある1万円のバッグが100個あったとします。

100人の欲しい人がいれば、1個1万円で売られます。

 

でも、そのバッグが欲しい人が1000人いたらどうでしょうか?

バッグの値段は上がっていきます。

 

逆に、そのバッグを欲しい人が10人しかいなかったら?

バッグの値段は下がっていきます。

 

売り手と買い手の人数の関係で、相場は変わってくるんですね。

 

パパ活の相場は?

パパ活の場合も上記の関係性が当てはまります。

 

パパ活をしたい男性が増えれば、パパ活の相場は上がっていきますし、

 

パパ活をしたい女性が増えれば、パパ活の相場は下落していきます。

 

あとは。

これらの関係に+して、

 

その時の世の中の状況にも左右されます。

 

好景気なら、相場は上がっていきますし、

 

不況なら、相場は下がっていきます。

 

つまり、パパ活の相場が下落したからといって、

パパ活自体がダメになったってわけではないことが多いです。

 

パパ活の相場が下落した、コロナショック

パパ活の相場が下落したことで、記憶に新しいのが、

コロナの時ですね。

 

コロナの時は、極端な自粛ムードが日本中に漂っていたんで、

パパ活をしたい男性が減ってしまいました。

 

男性は自粛したければ、自粛でいいんですが、

困ったのはパパ活女子です。

 

パパ活女子は、パパ活で生計を立てているのでパパ活ができないと話にならないです。

 

パパ活をしたいパパ活女子>パパ活をしたくないパパ

 

このような関係ができてしまい、パパ活の相場が下落してしまったんですね。

 

あとは、キャバクラなどの夜のお店が閉店したり、休業したりしてます。

 

そういう女子がお金に困ってしまって。

パパ活市場に流れてきているんですよ。

 

パパ活女子がすごく増えてしまっている現実があります。

じゃあ、このままパパ活の相場は下落したままなのか?

 

コロナが収束すれば・・相場は戻る

コロナが収束していけば、パパ活をしたいパパは増えていきます。

 

パパ活をしたい女子=パパ活したいパパ

くらいになります。

そうなれば、相場は戻ってきますね。

 

今はパパ活はできないけど、パパ活をしたい男性って結構な割合でいるもんです。

だから、今は待ちの姿勢を持つことが大事なんですよ。

 

今後のパパ活の相場はどうなる?

今後も少子高齢化が進んでいくと考えられています。

 

パパが増えて。

パパ活女子が減る。

 

この図式ができますので、普通に考えればパパ活女子の相場は、

上昇していくと思います。

 

今までの世代の女子はパパ活に抵抗がある人が多かったですが、

今の若い女子はパパ活が当たり前になるかもですね。

 

そうなったら、パパ活女子が増えるので、少しは相場が下落するかもしれません。

ただ、そこまで、パパ活の相場が下落するってことはないと思っています。

 

コロナショックの時のパパ活相場の下落に対処するには?

コロナショックの時のように、

パパ活の相場が下落してしまうことに対処するにはどうしたらいいか。

 

それは、定期パパを作っておくことです。

 

定期パパは・・その名の通り・・定期的に会ってくれるパパのことです。

定期パパは月何回会うか決まっています。

 

そもそも、コロナでパパ活の相場が下落したのは、

新規で会うパパです。

 

コロナの時期って、不特定多数の人と会いたくないじゃないですか?

そういう理由で新規のパパで会ってくれる人が減りました。

 

じゃあ、定期パパは?

、定期パパは知り合いですから、コロナがうつる心配はないです。

信頼関係ができていますからね。

別に街中でなくても、その辺で会うことも可能。

 

そういう意味でも、早めに定期パパを増やしておくことが、

相場の下落に備えられるんですね。

 

定期パパで相場を変えてくるパパはいない

定期でパパ活をしている時に・・パパ活の相場を変えてくる人がいるのか?

その答えはノーです。

 

会社で言ったら、給料の減額があるのか?

ってことです。

 

昇給することはあっても、減給することはないですよね。

これは当たり前の話です。

 

これをパパ活に当てはめても同じことが言えます。

減給はない。

だから定期パパを確保しておけば、パパ活の相場が下がったとしても問題ないんですよね。

 

パパは・・どこで探す?

で・・そんなパパなんですけど・・

どこで探せばいいのか?

 

出会い系サイトで見つけていけばいいかなーと思っています。

なぜ?

それは・・出会い系サイトには高額な収入があるパパがいるからです。

 

あと、年収でパパを検索できるんですよね。

パパ活の相場は相場であって、それ以上の金額をくれるパパもいます。

そういうパパを探すのには、出会い系サイトが最適なのですが、

その中でもこれらの出会い系サイトがおすすめです↓

 

①ワクワクメール

ワクワクメールは、普通の出会い系サイトに比べて、

1.5倍~2倍くらいの手当をくれるパパがいます。

さらに紳士的なパパが多いので、わたしが1番気に入っている出会い系サイトです。

もちろん、女性は無料で登録できます。

 

②ミントC!Jメール

ミントC!Jメールは、ワクワクメールと比較すると、

手当は落ちます。

ただ、年齢層が若いので、

デート気分でパパ活をした人に向いていると思いますよ。

楽しんでパパ活したい人におすすめです。

 

ミントC!Jメールも女性は無料で登録できます。

 

出会い系サイトのここがいい!

パパ活におすすめの出会い系サイトをお伝えしましたが、

これらの2つの何がいいのか?

基本的には、掲示板ですね。

 

普通の出会い系サイトってマッチングしないと連絡できないですが、

これらの出会い系サイトは、掲示板があるから楽。

 

例えば、このような感じでパパを募集します。

こんにちは。

週末にわたしと食事に行ってくれる人を募集しています!

条件については、個別に連絡しましょう。

 

まあ、そんな感じで掲示板に書き込みをすると、パパから連絡があります。

このように1回掲示板に書き込むことで、不特定多数のパパと連絡をとりあえるところがいいんですね。

 

パパに相場を交渉されたら?

初めて会うパパとお金の交渉をすると思うんですが、

もし、パパ活での相場を交渉されたら、どういう感じで交渉をしていくのか??

それをいくつかお話ししたいと思います。

 

①相場を決めておく

例えば・・食事で1万円と決めたら、そこを下げない方がいいです。

パパ活の金額って、

後で増えることはないです。

 

最初の金額がすべてですので、自分を安売りしないでください。

ちょっとした金額の違いと思いますが、積み重ねるとかなりの金額になります。

 

②時間も意識した方がいいです

例えば・・。

食事で1万円
デートで1万円

どちらがいいですか?

食事をするのは、せいぜい2時間くらいですよね。

じゃあ、デートは?

内容にもよりますが、半日~1日はパパにつきあわないといけないです。

 

これを時給換算すると?

どちらがお得かっていうのは目に見えていますよね。

 

つまり、

パパとの相場の交渉をする場合は、

お金と時間を意識することが大事なんですね。

 

相場が安いからと・・パパと体の関係を持ってはダメです

出会い系サイトのパパ活の相場が安くなると・・

体の関係を持とうかな・・という気持ちになってしまうことがあります。

 

でも・・これはダメです。

パパ活の相場が下落したらといって、そういう安易な考えを持つと後で後悔することになります。

体の関係がなくてもパパ活では稼ぐことが可能ですからね。

 

相場はいつか戻る。

それを信じていきましょう。

 

逆に、パパ活以外にも空いた時間で資格の勉強をするとか。

他の収入減を増やせるようなこともした方がいいかもですね。

 

さいごに

パパ活相場の下落は、いろんな要因に左右されます。

これは言うまでもないです。

 

一時的にパパ活の相場が下がったからといって、パパ活が終わった。

と考えるのはちょっと違います。

 

そもそも、男性と女性の関係っていつの時代もあるものですから、

今後もパパ活は続いていくと思います。

 

相場は下がる時もあれば、上がる時もある。

このように考えて、今は地道に定期パパを探すことに専念した方がよさそうですね。

 

ちなみに、

わたしがパパをさがしたサイトをこちらでまとめてあります。

参考にしてみてください。