キャバ嬢・ホステス・ラウンジでのコロナ失業から立ち直った方法!

キャバクラ

わたしは25歳の女子です。

最近まで、キャバクラで働いていましたが、失業してしまいました。

 

その原因はコロナです。

まさかの失業です・・

 

コロナが流行ってから、全くお客さんが来なくなってしまったので、

いつかはこうなると思っていました。

 

でも、ちょっと早かったなーと思っています(;^_^A

 

10代の頃からずっとキャバクラで仕事をしてきたので、

今さら他の仕事をする気にもなれません。

 

とは言っても、他のキャバクラもこんな感じですし、一体どうしたらいいのか?

そんな時にある方法を思いつきました。

 

キャバクラの失業からパパ活へ

キャバ嬢を失業してから・・ずっと思っていたのが、

結局、雇われだったから影響がでるのでは?

ってことです。

 

もし、個人的につながりがある人がたくさんいたら?

仮にお店がつぶれてもなんとか生活できます。

そんな時に思いついたのがパパ活です。

 

パパ活は、個人のつながりですので、不測の事態でも関係ないです。

もっと早くパパ活をしておけばよかったと思っています。

でも、今、気づけたのだから遅くはないです

 

むしろ気づけてよかったなと、ちょっと前向きな気持ちになっている今日この頃ですね(笑)

 

キャバクラとパパ活は似ている

パパ活をやってみて思ったのは、キャバクラとパパ活の仕事内容が似ているってことです。

 

男性と会話をしてお金をもらう。

これは、パパ活もキャバクラも共通しています

 

キャバクラは夜なので、お酒が入っているお客さんを相手にしないとですが、

パパ活の場合は必ずしもそうではない。

そこがちょっと違うところですね。

 

パパ活にはランチもありますし、飲むとしても一緒に飲み始める。

キャバクラは、2軒目とか3軒目とかが多いので、基本、酔っ払いを相手にします

 

つまり。キャバクラよりもパパ活の方が、いいんですよね。

仕事内容としては同じ感じなんですがね。

 

パパ活とキャバクラの大きな違いは?

キャバクラって指名がないと、ひたすら席を変わります。

そこが違います。

 

パパ活は基本1対1です。

知り合ったパパと2時間3時間を共にすることになりますので、

わたしとしては楽かなーと思いますね。

もちろん、苦手な人に当たってしまった場合は、苦痛ですが(;^_^A

 

あとは、お店に影響されないです。

キャバクラは店長がいますから、店長の指示にしたがわないといけません。

でも、パパ活ではあなたが社長です。

 

社長のさじ加減で、どういう風にも仕事ができます。

さぼりたければ、さぼればいいです(笑)

 

手当も大きく違いますね。

そこがパパ活とキャバクラの1番、大きな違いなのかもしれません。

 

パパ活の相場は?キャバクラと違う?

キャバクラは、お店によって給料が違いますし、

あなたのランクによっても変わってきます。

 

東京の高級なキャバクラでは、すごい額をもらっています。

誕生日ともなれば、プレゼントもすごいですからね。

でも、それはレアなケース

 

一般的にもらえる金額は、時給2,000円~5,000円です。

これでも、結構な額もらっているなーって思っていたんですが、

パパ活は違います。

これだけ、もらえます↓

 手当
顔合わせ3,000円~1万円
食事のみ5,000円~2万円
デート1万円~3万円

 

どうでしょうか?

かなりやばい金額もらえますよね。

パパと数時間食事をするだけで、数万円もらえるので、こんなにいいことはないですよ。

 

パパ活でも、誕生日にプレゼントをもらえます。

これは、キャバクラと変わらないですよね。

 

パパ活ならリモートもできる!

最近は、コロナの影響でリモートキャバクラが流行っていますが、

それはお店次第です。

実際のところ、ほとんどのお店が対応していないです。

 

じゃあ、パパ活はどうか?

パパ活はスマホがあれば、どこでもリモート可能です。

もし、家でリモートするならPCでやると思うんですが、

LINE動画、ZOOMなどを利用してパパ活をしてくので、簡単です。

リモートとリアルをうまく組み合わせてやっていけるところもパパ活の強みです。

あなたが社長なので、あなたの気分次第でパパ活できます。

 

パパをどこで探す?

では、パパを一体でどこで探せばいいのか?

 

リアルでパパと知り合いになるのは、難しいです。

そうなると、やっぱりネットですよね。

 

ネットなら簡単にパパと知り合いになれます。

そんな中でおすすめなのは、「出会い系サイト」です。

 

でも、出会い系サイトで、どうやってパパを探せばいいの?

 

出会い系サイトの掲示板がおすすめです

どの出会い系サイトにも掲示板の機能がついています。

この掲示板を使って・・パパを探していきます。

 

で、掲示板には、ジャンルがあります。

例えば・・。

  • 一緒にごはん
  • ミドルエイジ

など。

他にもジャンルはあるのですが、上記の掲示板がパパ活は使えそうです。

例えば、こんな書き込みをします↓

こんにちは。

 

今度、一緒に食事をしませんか?

 

条件は相談しましょう。

こういう感じで簡単な書き込みをしておくと、パパの方からアプローチがありますので、

そこで連絡をとっていきます。

 

金銭面の条件などを詰めて、お互いにOKなら実際に会います。

 

キャバ嬢失業のわたしが、パパ活もらった手当は?

キャバ嬢を失業したこともあって、時間はかなりありましたね。

暇でした(笑)

逆に、パパ活に専念することができるようになりました。

 

稼いだ金額は?

わたしがパパ活で稼いだ金額は・・ぶっちゃけ月20万円ですね。

まあまあ稼いだと思っています。

なんとか生活できているので、自分としては満足しています。

 

パパとは食事に行って会話することがすごく多くて、

たまにデートしていますね。

 

キャバクラの仕事って、お酒を飲んでいる男性を相手にするので、

面倒なところがあったのですが、パパ活はそういうこともないので楽です。

 

みんなそれなりに礼儀正しいですし、優しい人が多いです。

集団で騒ぐこともないので、マイペースにパパ活できています。

 

キャバクラの仕事がなくなって失業した時は、どうなるかと思いましたが、

パパ活に出会えてよかったです。

 

スナック・ラウンジもキャバクラと同じ・・パパ活した方がいい

キャバクラは、コロナの影響がかなりでましたが、

こういう影響が出るのは、夜の仕事ならどこでも同じです。

  • スナック
  • ラウンジ

このようなところも、結局のところコロナの影響を受けています。

 

考え方によって、生き残れる人と生き残れない人が分かれます。

 

わたしは、今後キャバクラで働くことになっても、

パパ活は続けていこうと思っています。

また、いつコロナみたいなことになるとも限りませんからね。

 

さいごに

キャバクラは雇われですので、です。

お店にいけば、お客さんがすでにいるわけですからね。

 

ただ、デメリットもあります。

コロナの影響だったり、人間関係がうまくいかないと勤められません。

そういう意味でも、パパ活はかなりおすすめですね。

 

自分のさじかげんでパパ活をしていくことができますからね。

1番いいのはキャバクラとパパ活の2つを同時にやっていくことです。

 

どちらかが転んでも、どちらかで成り立ちますから。