パパ活で訴えられた⁉想定されるリスクと防止策!

パパ活リスク1

お金がない!!

とにかく、お金が欲しい…。

今、流行りの『パパ活』で友達が結構な金額稼げるって言ってたけど…。

でも、その子何だか訴えられたんだけど?(マジウケル)

 

パパ活で何を訴えられたんだろう?

 

「私も始める前に訴えられないよう勉強しなきゃ」と思ってる

これからパパ活を始めようとしてる女子も、今現在パパ活ナウな女子も

コレだけは知って損はない!

パパ活で訴えられるリスクと訴えられない為の防止策を教えましょう。

 

パパ活女子が不倫で訴えられるリスク

 

パパ活で一番訴えられやすいのは、ズバリ不倫でしょう!

パパとの関係が奥さんにバレて奥さんが訴えると言ってるらしい。

でも、訴えるって具体的に何?と思いますよね。

パパ活リスク2

不倫で訴えるとは『慰謝料』を請求する事を言います。

訴える=慰謝料の請求

奥さんがあなたに慰謝料と言う名目のお金を請求するのです。

しかし、不倫で慰謝料を請求されるケースとされないケースがあります。

 

慰謝料を請求されるケース

 

相手が既婚者だと知っていて不貞行為を行えば慰謝料を請求されます。

不貞行為とは配偶者以外の人と性交渉をする事です。

 

簡単に言うと…。

パパが結婚してるのを知っているのにやっちゃって奥さんにバレたら請求されます。

 

「パパは単なる金づるで、好きでも何でも無いんだけど!」と思っていても

そんな事は奥さんには関係ありません。

 

やったか?やらなかったか?の事実が問題なのです。

慰謝料の相場

 

奥さんがメチャクチャ怒っていて、あなたに慰謝料の請求をすると言ってます。

金額は幾ら位になるのでしょうか?

  • 別居も離婚もしなかった場合・・・50万~100万
  • パパと奥さんが別居した場合・・・100万~200万
  • パパと奥さんが離婚した場合・・・200万~300万

パパの家庭環境などによっても金額は変わってきますが大体の相場はこれ位でしょう。

パパ活リスク3

支払えなければどうなるの?

 

お金が無いからパパ活はじめたのに慰謝料なんて払えるお金なんてないですよね。

 

じゃ、払えなかったらどうなるのでしょうか?

何百万ものお金なんてあるワケないじゃん!

無いもんは払えないなんだから無視しちゃえ!とか考えてませんか?

 

分割できますよ(笑)

分割はできますが、逃れる事はできません。

 

支払う意思が見られなければ法的手段をとられ

財産の差し押さえが行われる可能性があります。

財産なんてないと思ってるかもしれませんが(財産とは不動産の事だけではありません)

預金口座を差し押さえられ口座は凍結します。

 

口座にお金がなければ、給料を差し押さえられます。

 

給料の差し押さえの為に裁判所から会社に通知が来るので、

あなたが不倫で慰謝料を請求されている事が会社にバレます。

パパ活リスク5

まだ、職には就いていない学生だったとしても、慰謝料請求の内容証明書が

家に届き親に見られればバレます。

パパの奥さんが「お宅の娘さん不倫したので、慰謝料を親が肩代わりしてください」と

連絡してくるかもしれません。

 

慰謝料を請求されない為の防止策

 

お金が欲しくてパパ活はじめたのに…。

逆に慰謝料請求されてお金取られるなんて本末転倒ですよね。

パパ活リスク6

絶対、慰謝料なんて(お金)なんて払いたくない。

それならば、慰謝料を請求されない様にパパ活しましょう。

 

パパとはやらない‼

パパと性的関係を持たない!

 

できる事なら、既婚者パパは避けるのが一番です。

性的関係さえ無ければお茶だろうが食事だろうが一応不貞行為にはなりません。

 

しかし、過去にパパと食事をしただけで訴えられた事例があります。

 

慰謝料の金額は10万程度らしいのですが、面倒な事に巻き込まれたくなければ

 

既婚者パパははやめましょう。

 

パパ活女子が恐喝で訴えられるリスク

 

パパがケチで金払いが悪くても言ってはいけない言葉があります。

恐喝になるリスクのある言葉

 

「奥さんや会社にバラされたくなかったら、お金払え!」とか

「ネットにパパの事晒されたくなかったら、お金払え!」とか

これは恐喝です。

 

恐喝とは人を脅して財産を脅し取る事を言います。

 

そしてこれは犯罪です。

 

恐喝の罰則

 

パパが恐喝罪として警察に訴えれば、逮捕されるおそれがあります。

最長で23日の身体拘束をされ。有罪判決を受ければ10年以下の懲役刑が科されます。

罰金刑がないので。有罪となれば必ず刑務所に行く事になる重罪です。

 

恐喝で捕まった女子高生の事例

 

16歳の高校性の女子がパパ活で出会った男性を恐喝して捕まった事例がありました。

女子高生はパパ活で知り合った男性とファミレスで食事中、

男性がテーブルの下で女子高生の下着を盗撮していた事に気が付きます。

彼女はその盗撮をネタに男性を恐喝し、現金4万円を脅し取ったのです。

盗撮する方もする方で、女子高生の気持ちもわかりますが

どんな理由でも脅し取れば恐喝になります。

 

パパ側(男性)が訴えられるリスク

 

パパ側の男性も訴えらるリスクは色々とあります。

  1. 青少年保護育成条例違反
  2. 児童買春
  3. 強制わいせつ罪・強制性交罪
  4. 詐欺

 

これらは犯罪で訴えられれば罰則があります。

パパ活リスク8

 

青少年保護育成条例違反

パパ活女子が18歳未満だと知っていて性行為をした場合

犯罪として成立する可能性があります。

各都道府県によって内容は異なりますが、青少年保護育成条例で18歳未満の青少年との

みだらな行為は例外なくほぼ禁止されています。

 

パパ活リスク9

 

例えば、東京の条例では『何人も青少年とのみだらない性交を行ってはいけない』

定められており、違反すれば犯罪として成立し

「2年以下の懲役または100万円以下の罰金」処されるのです。

 

児童買春

金銭の授受などが行われた上で、18歳未満の女子と性交を行った場合

「児童買春」が成立する可能性があります。

児童買春をした者は「5年以下の懲役または300万円以下の罰金」に処されます

社会的制裁も計り知れません。

 

 

強制わいせつ罪・強制性交罪

相手の女性の同意なしで、暴行や脅迫して無理矢理わいせつな行為をした場合。

強制わいせつ罪が成立し「6月以上10年以下の懲役」に処されます。

性交した場合は強制性交等罪が成立し「5年以上の有期懲役」に処されるのです。

 

 

詐欺

パパ活でもっともパパ側が訴えられるのは詐欺です。

詐欺パパなる言葉も存在します。

詐欺パパの手口はいくつかあります。

  • 食い逃げ詐欺
  • やり逃げ詐欺
  • まとめ払い詐欺

などが、よくある手口ですね。

詐欺パパの実際にあった具体例

 

パパが「今日は自分の誕生日だから記念に何かプレゼントちょうだい」とおねだりしてきました。

パパ活リスク7

そのプレゼント代は後でまとめて支払うと言うのです。

 

パパ活女子は時計や服・財布などを買いパパにプレゼントしました。

パパは「ありがとう。銀行でお金おろして返すね」と言って消えたそうです。

 

その女の子以外にも多くの女性が同じ手口で騙されて、総額400万の被害額になりました。

 

これは、まとめ払い詐欺の典型的な手口のひとつです。

 

まとめ

 

まず、確認しましょう! そして見極まる目を養いましょう!

 

パパは左手薬指に指輪はしてませんか?既婚者でも指輪しない人もいますので

ちゃんとパパに聞きましょう。

もし、後々既婚者なのがわかり、奥さんから訴えられたとしてもパパが嘘をついていて

既婚者だと知らなければ不倫とならず慰謝料を払わなくて済む可能性があります。

 

お金を稼ぐためにパパ活はじめたのに、逆に慰謝料払わされるなんてバカバカしいです。

 

また、当然ですが未成年との性行為や恐喝・詐欺は犯罪で罪に問われます。

捕まれば罰則があり懲役刑もあり得るのです。

パパ活はリスクを伴います。

パパ活リスク4

安全なパパ活をする為にも食事やデートのみにして、安易に性交渉をするのはやめましょう。