お小遣いくれるパパを募集して月収50万円を達成した話

こんにちは。

私は以前、20歳~24歳までパパ活をしていました。

初めは月10万円程から始まり、22歳の頃には安定して月収50万円を稼ぐことができておりました。

 

今回この記事を見ていただいている方はきっと、月収50万円を達成させたいと思っている方がほとんどかと思います。

 

そこで、この記事では私がパパ活をしようと思ったきっかけや、事情、出会いの方法から安定した収益にするまでの実体験をご紹介させていただきたいと思います。

特にパパ活をこれから始めたいと思っている方必見です☆

お小遣いくれるパパを募集しようと思った訳

大学生だった私は、親元から離れ、東京に上京してきました。

片親だった私は直ぐにバイトを始め、家賃や学費のために時間を費やしておりました。

 

しかし、20歳の頃、せっかくできた新しい友人との交流や、サークル活動、勉強に割くための時間がほとんどバイトによって埋め尽くされていたことに気が付きました。

 

そのころには、大学の出席単位も危うい状況でした。

しかし、ここまで一人で私を育ててくれた母に迷惑をかけたくないと思い、友人に相談しました。

そこで出てきたのがお小遣いをくれるパパ、いわゆる、”パパ活”の存在でした。

 

友人は私と同じように地方から東京に上京してきましたが、両親の反対を押し切って一人暮らしを始めたため、すべて自分で生活費を賄わなければならなかったらしく、ある日家賃を払えなくなるといった月があったそうです。

そこで、いろいろ調べてパパ活に行きついたとのことでした。

 

友人曰く、”女子大生”はパパ活の間でもかなり需要が高いらしく、「始めるならいまだよ!」と言われ、最初は抵抗のあったパパ活に興味を持ち始めました。

 

そして、いろいろ調べていくうちに、パパ活だけで豪華な生活を送っている人たちの存在を知り、私も始めることに決めました。

パパ活をしよう!っと決めた時は、ほとんど勢いでした(笑)

 

私が使ったパパを募集する方法

私は早速パパ活を始めるために、SNSを活用しようとしたところ、友人から、

「SNSは危ないからパパ活専用のアプリを使った方がいいよ」

とアドバイスをいただき、パパ活アプリに登録しました。

 

登録するためには身分証明書が必要で、身バレしちゃわないか、とても不安でしたがそんな心配もつかの間、すんなり登録が終わり、たくさんの男性からメッセージが届きました。

 

私が当時使っていたのは、シュガーダディというアプリですが、今ではたくさん種類があります。

ただ、個人的にはやはり、初めてパパ活をする人には、シュガーダディがオススメです。

 

24時間の監視体制もありますし、違反行為などがあれば運営にいうことですぐに対応してくれます。

また、相手の年収や年代、女性に求めていることもわかるので、きっとアナタもびっくりするくらいすぐに理想のパパが見つかります(笑)

 

シュガーダディのほかにも、Paddy67(パディーロクナナ)やpaters(ペイターズ)といった、マッチングアプリも最近話題なので、公式ホームページを見てアナタのお好きなアプリを利用してみてくださいね♪

パパ活初心者でも食事やデートだけで月10万円稼ぐことができる

初めの顔合わせ時は、食事だけで5000円や、1万円をもらうことが多く、2回目以降は2万円などもらうこともあったのですが、やはり平均して月10万円くらいでした。

中には、体の関係を持てば3万円や5万円などアップしてくれるといったパパもおりましたが、やはりそこは母に対しての罪悪感もあり、私は基本食事やデートしかしませんでした。

 

事前にメッセージなどでのやり取りでそのことを伝えているので、当日空気が悪くなったりすることもありません◎

ただ、そのメッセージのやり取りをする中で、急に連絡がこなくなったり、ちょっとした悪口を言われたりもあり、少し心を病んだことも。。。。

 

それでも、理解のあるパパにだけ会って、ご飯を食べたりお酒を飲んだり、ショッピングや遊園地で遊んだりなど、バイトをしている時よりも格段に楽に、そして楽しみながらお金をもらうことができていました。

お小遣いの平均相場

顔合わせ⇒5,000円

お茶⇒5,000円

食事⇒5,000円~10,000円

デート⇒10,000円~20,000円

 

おかげでバイトの回数を減らすことができて、授業やサークル活動にも、きちんと参加できるようになりました♪

続けることで月収50万円を達成

初めは、たくさんのパパに出会いましたが、2年目には5人くらいのパパとだけ安定した関係が続き、毎月貰える金額も50万円程になっていました。

シフト制だったバイトも辞めて、おそらくその時が一番遊びまくった年だったと思います(笑)

 

一人平均して10万円程支援してくれておりましたが、仕事や出張で忙しいパパたちとは一週間に1~2回逢えたら良い方でした。

たまに急なお誘いで、夜ご飯を食べたり、なぜか一緒にキャバクラに行ったりと、貴重な体験もたくさんさせていただきました。

 

お小遣いのほかにも、プレゼントや、旅行先のお土産、生活必需品なども買ってくれていたので家賃さえ払えれば、現金をもらえなくても生きていけてたかもしれません(笑)

 

私が出会った中で、特にお小遣いを多めにくれて長続きした男性の特徴は

  • 経営者
  • 実業家
  • 会社の役員

この何れかに当てはまる男性でした。

経営者や実業家の中には、平日は普通のサラリーマンとして働きつつ、副業として事業をしている方がほとんどだったのですが、その副業が本業以上に稼げている男性が多かったです。

 

そのため、「多くお小遣いをくれる。」そして「長続きをさせる」といった面では、やはりお金に余裕のある男性を見極める必要があります。

余談ですが、今私は結婚をして、その後そのパパたちからお金はもらっておりません^^

良いパパと良い関係を長く続ける方法

最初は、できるだけたくさんのパパに出会うことにつきます。

私も最初の頃に出会ったパパの中には、あまりお金が無く、2回目以降は大人の関係を持たないと会ってくれないと言い切る方や、食事代を奢るからお小遣いは無しっと言ってくるパパもいました。

そんなたくさんのパパの中から、優しくてお金もあって本当の娘のように可愛がってくれるようなパパと出会うのです。

それを見極めることはとても簡単ですが、一番難しいことはその理想のパパとどうやって良い関係を長く続けるかにつきます。

 

良い関係を長く続けるためには、一方的にしてもらうばかりではいけません。

たまにはこちらからもプレゼントをしたり、自分の身だしなみは常に気を使ったり、パパのスケジュールに極力合わせたりっといった努力も必要になってきます。

 

また、口の軽い女性や、不満を漏らす女性、マイナス思考な女性はパパの精神的負担にもなってしまう可能性がありますので、どんなに仲良くなっても、パパは自分の彼氏ではなく、あくまで血のつながりのない”パパ”・・・・

いわば、社長と思って接することが大切です!

パパへの敬意を表すためにも相手が良いよというまではちゃんと敬語を使ったり、食事のマナー、節度を守って接することがポイントです♪

最後に

ここまで読んでいただき、いかがでしたでしょうか?

 

これからパパ活をはじめたいと考えている方や、ずっとパパ活をしてきたが、そんなにもらえなくて悩んでいるといった方に、今回の記事をまとめると

  1. 現役女子大生はパパ活をしている人が多い
  2. SNSでのパパ活は要注意(パパ活専用アプリの使用がオススメ)
  3. 初めてでも月10万円は可能
  4. 続ければ月50万円は安定してもらえる可能性がある
  5. パパは仲の良い社長と思って接することが大切

 

以上の5つのポイントはしっかり押さえておきましょう♪

 

兎に角言えることは、まずは、やってみなければ何事も始まりません。

 

また、始めたら続けることも大切です。

続けることで最初はなかなか伸びなかった成果も出るようになります。

何事もまずは、挑戦&続けることが一番大切といえるでしょう♪