パパ活アプリ、pato(パト)!月収100万円の人も?

パパ活pato

こんにちは!

ユウです。

 

今回はパパ活で利用できるアプリについて紹介したいと思います。

で、今回紹介したいアプリは・・pato(パト)です。

 

そこそこ有名なアプリなんで、1度は聞いたり目にしたりしたことがあるかと思います。

たまにテレビで紹介されたりしています。

 

で、そのpatoなんですが、

パパ活で使えるんでしょうか?

 

そこで・・今回はパパ活アプリpatoについて簡単にお話ししたいと思います。

 

patoってどんなアプリ?

patoは、ギャラ飲みをしたい男性と、ギャラ飲みに参加したい女性をつなげるアプリです。

 

 

MEMO

ギャラのみとは?

飲み会や食事会に参加することで、金銭を受け取るものです。

複数の男性がいるところに行くこともあります。

食事をして話をして帰ってくるだけで、金銭がもらえます。

 

 

男性と飲んで帰ってくるだけでお金をもらえるので、すごくいいです。

まさに憧れの生活です。

 

patoの相場はどのくらい?

patoを利用すると、どのくらいの金額どのくら金額が貰えるのか?

 patoの時給
スタンダード4,000円
VIP8,000円
ロイヤルVIP20,000円
 patoの手当
深夜手当4,000円
指名料2,400円/h

結構な金額ですよね?

時給2万円って(笑)

 

ちょっとやばいですよね。2時間いれば、4万円です。

 

でも、どうしたら、ロイヤルVIPになれるのか?

男性からの評価、リピート率、延長率などを考慮して、ランクが上がっていくらしいです。

 

patoの年齢層は、どのくらいなんでしょうか?

patoの年齢層は、男性女性で違います。

 patoの年齢層
男性30代~70代
女性20代~30代

 

男性の年齢層で、目をひくのが70代です。

本当にいるの?

って思うかもしれませんが、います。でも少数です。

 

会員数がそれなりにいますので、いろんな年代の人が多いのもpatoの特徴ですね。

 

自分の気に入った相手と会えるのもpatoの特徴といっていいですね。

ランダムに相手にするのではないです。

特に個パトで、70代の男性を相手にするのは、正直きついです。

でも、自分で選べますので、問題ないですね。(断ることも可能です)

 

パパ活のように自分で料金設定できないの?

これまで説明してきたやり方だと・・。

一般的なパパ活をイメージしていた人にとっては、ちょっとつらいかも。

 

でも、patoには一般的なパパ活に近いシステムもあります。

それは、個パトと呼ばれるものです。

 

個パトとは何?

個パトはpatoの中の1つのやり方になります。

 

patoのアプリを利用して1対1で男性と会っていくものです。

これって、考えてみればパパ活と同じですよね。

 

どんなことをするのか?

食事とか飲みがメインになりますが、基本、何をするのかも自由です。

 

個パトの料金は?

個パトの料金は、実は、個自分で設定できます。

本当にパパ活みたいな感じです。

 

すごく高い金額を設定すればいいんじゃないの? って思うかもしれませんが。

そんなことはないです。

同じアプリ内に複数の女性がいますので、あまり高目に設定していると相手にされないかも。

 

一般的には、1時間5,000円から始めるのが普通のようです。

でも、どうやってパパを探すの?

 

patoでは、1日、どのくらいの金額を稼ぐことができるのか?

patoは、1日でどのくらいの金額を稼ぐことができるのか?

ここが気になるところだと思います。

patoの時給は・・

  • スタンダード⇒4,000円
  • VIP⇒8,000円
  • ロイヤルVIP⇒20,000円
  • 深夜手当⇒4,000円
  • 指名料⇒2,400円/h

このことはこれまでもお話しした通りなんですが。

このランクによって、1日に稼げる金額が変わってきます。

 

ロイヤルVIPなら、1日10万円稼ぐこともできます。

 

例えば・・19時から飲み始めて24時まで飲めば5時間ですので、2万円です。

それを週3回、1ヵ月続ければ、月100万円達成できます。

 

スタンダードの時給は、ロイヤルVIPの1/5ですが、それでも月20万円とかはいきます。

 

個パトでのパパの探し方!

個パトでパパを探す方法は、簡単です。

その順序はこちら。

  1. patoのアプリを開く
  2. 下のほうにある探すをタップ
  3. 男性がずらーっと出てくる
  4. 気になる男性のプロフィールを見る
  5. 身になる男性にメッセージを送る

 

気になる男性がいたら、メッセージのやり取りをして、日程を調整していきます。

日程の調整も、アプリ内のカレンダーを利用することで簡単にできます。

あとは、当日会うだけです。

 

patoで会っている時間は、どうやって測るの?

一般的なパパ活は、時間制というよりは、ざっくりとしています。

時間もあいまいなところがありますよね。

 

でも、patoは時給制です。

その時間をどのようにして計測をするのか? ここが気になるところだと思います。

 

patoには、タイマーがあります。

これで計測していくんですね。

 

例えば・・食事をするとして、お店についたらタイマーをオンにします。

で、解散をしたらタイマーストップします。

そうすることで、時間を計れます。

 

その後、運営に時間を報告すれば、終了になります。簡単ですよね?

 

patoとそれ以外のパパ活との大きな違いは?

patoを利用してのパパ活と、patoを利用しないでのパパ活の違いは何?

 

  • patoを利用してのパパ活⇒運営がいる
  • patoを利用しないでのパパ活⇒1人でやる

 

基本的には、運営がいてもいなくてもやることは同じ。

でも、運営がいるいないでは、かなり違ってきます。

どのような違いがあるのか?

 

パパも、patoを利用してパパ活をしています。

なので、何か変なことをやらかしたら、運営が黙っていないな。と思って変なことができないんです。

 

でも、個人だとどうでしょうか?

何をしても誰にもばれないですから、やりたい放題することも可能ってわけなんです。

つまり、patoを利用してもパパ活では、運営に守られているってわけなんですよ。

ここが結構、大きいですね。

 

patoでは、パパに延長してもらうことが大事です

patoの特徴の1つに延長料金が手厚いってのがあります。

どのくらいになるのか?

 

通常料金の1.3倍になります。

たくさん延長をしてもらうことで、報酬を増やせます。

 

 

ユウ

とりあえず、時間が過ぎてくれないかーと感じて過ごすというよりは、

延長してもらえるように頑張る。

そうすることで、延長料金をもらえて手当が増えます。

 

深夜までやると、深夜手当として4,000円もらえます。

普通に考えて、延長してもらえることは、かなり美味しいです。

延長してもらえるように、頑張って会話を広げるとかの努力をしましょう。

 

patoでのパパ活では、リピートも意識したいですね

例えば、パトコールをやってみた。(複数でやるやつです)

そこで、気に入ってもらえたら、個パトで声がかかるかもです。

 

そうなると、指名料ももらえますし、報酬も増えていきます。

その場のことだけを考えずに、次のことも意識することが大事です。

 

個パトでなくても、またパトコールで読んでみたい!そんな存在になることが大事かなと思います。

2回目の相手は、こちらとしても相手のことを知っていますので、気分的に楽です。

できるだけリピートしてもらえるように頑張りましょう。

 

patoでは、お酒を飲めた方がいいのか?

patoをやる前に気になるのが、お酒を飲めた方がいいかどうか?ってことです。

結論から言いますと・・お酒は飲めた方がいいです。

 

っていうか、ギャラのみという名称からもある通り、やっぱりお酒は飲めないと無理です。

もし、お酒を飲めないのなら。

一般的なパパ活に切り替えた方がいいかもです。

 

普通のパパ活なら、お酒が飲めなくても大丈夫です。

 

個パトとは違う、複数の男性を相手にするpatoもある

個パトとは、別に複数の男性を相手にするpatoもあります。

2対2以上で飲むものです。

これをpatoの中では、パトコールと呼んでいます。

 

  • 1人だけだと不安
  • 1対1で話をするのは苦手
  • そんな人に向いていると思います。

最初は、1人で行くのは不安だと思いますので、パトコールを利用してみるのもありだと思います。

 

patoの審査って、厳しいんですか?

これまでお話ししてきた通り、patoはパパ活にかなり使えます。

じゃあ、パパ活でpatoを使いたい!

そう思う人も多いと思います。

 

でも、誰でも使えるわけではないです。

patoには、審査があります。

え!でも、それってほとんどの人が通るんじゃないの? そう思うかもしれません。

 

でも、patoの審査に通るのは、10%です。

ほとんど通らないじゃん。

 

そうなんです。審査を通過するのは、10人に1人です。でも、まあ受けてみないと分からない部分もあります。

ダメもとで受けてみるのもありかもですね。

 

patoの審査ではどんなことを見る?

patoの審査では、やっぱり外見を重視するようです。

というのも最初は写真で審査をするだけですから。

 

写真をpatoの運営に送ると・・後で結果が返ってきます。

結局、外見か・・。

そう思うかもしれませんが、それは仕方ないです。

 

男性が女性に何を期待するのか?といったら、それは外見になります。

逆に言うと、ちゃんと写真を撮影しておけば、合格する可能性が高まるってわけなんですね。

 

あとは、写真の撮り方でかなり変わると思いますので、あなたのベストショットを送ってみてください。

もし、合格したらラッキー。そんな気持ちでやってみましょう。

 

patoでは、写真での審査が通ったら、面接がある?

patoで写真の審査が終わったら、これでpatoが使える!

そう思うかもしれません。

でも、まだそれで終わりではないです。

実際に面接があります。

そこで話をしてOKをもらったら、はれてpatoの会員として働けます。

ふー。

結構、大変なんですね(汗)

 

でも、逆に言えば、1度patoの面接に通ってしまえば、かなり美味しいです。

ライバルもいないです。

つまり、面接が通ってしまえば、いい感じで使っていくことができます。

 

個パトとパトコールでは、どちらを利用している人が多いの?

patoには、個パトとパトコールがあります。

実際に、どちらのシステムを利用している人が多いのでしょうか?

 

ユウ

個パトの方が多いみたいですね。

 

個パトとパトコールの違いとしては、個パトは自分で料金を設定することができます。

ここが大きい。

ちょっとの金額の差かもしれませんが、回数をこなしていくと効いてきます。

 

あとは、パトコールだと知らない女の人と参加しないとです。

そうなると、そこに気を使わないといけないのも面倒。

まあ、そんな理由もあって個パトを利用する人が多いのかもしれませんね。

 

もし、patoで何か変なことをされたら?

もし、patoで変なことをされたら、どうすればいいのか?

patoの運営に連絡をすればいいんです。

 

patoの運営は24時間体制で事務所にいてくれるんですね。

だから、いつでも連絡がつきます。

正直、ここが大きい。

というのも、patoを利用してのパパ活って、夜に会うことが多いです。

当然のことながら、トラブルがあるのも夜のことが多いです。

 

そんな時に、誰にも連絡がつかないのでは、話になりません。

でも、patoなら安心です。

あとは、メッセージのやり取りなんかしていて、変な人がいたら、アカウントを停止してくれます。

このように、patoには、ちゃんとしたバックアップ体制があるので嬉しいです。

 

patoでパパ活をしている人の口コミ

 

 

patoに魅力を感じて、利用してみようと思って面接しました。

でも、普通に落ちました。

システムに魅力を感じていただけに残念です。

確かに、審査が厳しいと聞いていたので、仕方ないですが。

 

 

 

登録したら、すぐに男性から予約が入りました。

こんなに早く予約が入るなんて、自分でもビックリしています。

で、さっそく飲みにいきました。

パパとは結構、話が合って、なんだかんだで楽しめましたね。

それで、お金ももらえたので最高でした。

 

 

 

Twitterとかを利用して、個人でパパ活をしていました。

でも、変なパパに出会ったり、ホテルに連れていかれそうになったり。

まあ、いいことがなかったです。

でも、patoならそんなことはないです。

アプリを通してやっているので、下手なことはできないとパパが思っているのかも。

patoなら安心してパパ活できますよ。

 

カラオケに行きました。

普通に歌ったり、歌を聞いているだけでお金がもらえるので、ビックリです。

楽しめましたよ。

こんなにおいしい仕事があるなんて。

これからもpatoを利用していきたいなと思いました。

atoを利用している男性は、社会的な地位がある人がほとんです。

いい意味で余裕があります。

いろんな知識が豊富なので、話を聞いていてすごく面白いし、ためになります。

なんというか、有意義な時間を過ごせるんですね。

それでいて、金額もばっちりもらえるので、うれしいです。

 

 

patoを利用することで、パパ活特有の金銭トラブルがない

パパ活をやっているとありがちなのが、金銭トラブルです。

 

なぜ、金銭トラブルが発生するのか?といいますと、単純に個人間の取引だからです。

悪いパパがこちらを軽くみているってのもありますね。

そうなると最悪です。

お金を払わないなんてのも、普通にありますからね。

 

そんな時に、便利なのがpatoです。

patoは、運営会社を通してパパ活をすることになるので、金銭トラブルがないです。

patoが仲介してくれていますから。

 

あとは、patoには、キャンセル保障というものがあります。

もし、パパがドタキャンをした場合でも、料金が100%と請求されるシステムになっています。

これがあるおかげでかなり安心です。

 

patoに関するQ&A

ここからは、patoに関するQ&Aを紹介したいと思います。

Facebookに登録されることはある?

Facebookに名前とか写真が投稿されることは、ないです。

 

 

パパは、本当に安全な人なの?

paotoでは、男性側も身分の確認をしているので、安心です。

 

 

patoの会員数はどのくらい?

男性⇒20万人以上。女性⇒4,000人です。

 

 

patoが利用できるエリアはどこ?

東京・埼玉・横浜・名古屋・神戸・大阪・広島・岡山・福岡・沖縄です。

 

 

patoの男性の平均年収は?

patoの男性の平均年収は、5,000万円です。

 

 

patoの時給はどのくらいなの?

patoの時給は、4,000円~20,000円になります。

 

 

どんな職種の男性が、patoに登録をしているのか?

会社の役員、経営者、弁護士、医者などです。

 

 

patoでは、確実に希望が通るの?

希望が複数あった場合は、残念ながら落ちてしまうこともあります。

 

まとめ

patoを利用したパパ活について、お話ししてきました。

patoでパパ活をやるメリットとしては、安全なことがあげられます。

 

何かあったら、patoの運営に連絡をすれば解決してくれます。

 

あとは、時給が高いこともメリットの1つです。

他のギャラのみに比べて圧倒的に報酬がいいですね。簡単に言うと、稼げます。

延長料金、リピート、指名料を狙って、うまくpatoを活用していってください。

 

男性の登録者も多いので、参加したい時に参加しやすい環境にあります。

パパ活を考えているのなら、patoがおすすめですよ。