ギャラ飲みアプリ「pato 」の審査に落ちたが20万円稼いだ!

pato面接落ちた

わたしは、25歳の女子です。

最近の悩みはお金がないことです(;^ω^)

 

みんなお金の悩みがあると思うんですが、わたしの場合は深刻です。

欲しい洋服は山ほどありますし。

行きたい場所も山ほどあります。

 

できるだけお金がほしい。

そう思っていました。っていうか今でも熱烈に思っています。

 

今の給料に+10万円あれば、とりあえずやりたいことは出来るかなと思います。

とは言え、お金は空から降ってくるものではないです(笑)

 

とりあえず、いろいろやってみることにしました。

その中の1つがpatoです。

 

ネットでギャラ飲みを知ったんですが、かなり稼げるみたいです。

これは面白そう。

そう思い、patoのギャラ飲みを始めてみることにしました。

 

patoの審査を受けてみたが落ちた

みなさんご存じだと思いますが、patoはギャラ飲みアプリの1つです。

 

どこかの飲み会をpatoが仲介してくれて、

 

そこに参加することで簡単に稼ぐことができるんですね。

男性がやっている飲み会とか宴会に飛び入りで参加するイメージです。

 

団体だけでなく、1対1でのギャラ飲みもあります。

どちらでも選べます。

 

patoに登録をしたら審査があります。

 

その審査に通らないとpatoで仕事ができないです。

 

さっそくpatoに登録をして、審査にトライしてみました。

こういうのって簡単に受かるだろう。なんて楽観な気持ちでいました。

でも、落ちました(笑)

 

まさか・・。

なにか悪いことしたかなーと不安になりました。

わたしはそこそこいけているのに・・なんて思っていた自分が恥ずかしかったです。

自信を失ってしまいました。

 

「pato」の審査には結構な人が落ちてるようです

ネットでpatoの審査について調べてみたところ・・結構な人がpatoの審査に落ちているようでした。

ちょっと安心しました(笑)

 

どのくらいの割合の人が落ちるのかと言いますと、

90%の人が落ちます。

 

自身を失っていたわたしの心に光が差しましたね。

でも受かっていないので、喜んでいいわけではないんですが(笑)

 

たくさんの人がpatoの審査に落ちていますが、そんな中でも受かっている人もいます。

 

そういう人達がお金を稼いでいくんだなーと思います。

 

でも、わたしも負けてはいられないです!

 

わたしはpatoの面接で落ちた

patoのキャストに応募をすると、2段階の審査があります。

 

まずは写真の審査があります。

 

これは外見を判断する審査ですね。

わたしは、写真の審査は通過しました。

自分で言うのもあれですが・・普通の顔をしていると思っていますので、

普通に通るだろうなーとは思っていました。(自信過剰すぎ(笑))

 

で、写真の審査が通ると、面接の審査があります。

わたしは、この審査で落ちました(;’∀’)

 

わたしは、ちょっとコミュ障なところがあるので、そこがよくなかったのかも(;’∀’)

 

pato以外のギャラ飲みも審査が厳しいらしい

patoの他にもギャラ飲みってあるんですが、結構審査が厳しいらしいです。

考えてみれば当たり前ですよね。

 

誰でもいいから、合格させてしまっては、女の子の質が落ちてしまいます。

こういうサービスってリピートしてくれるお客さんが大事です。

 

キャバクラとかでもそうですね。

だから、気に入ってもらう必要があるんです。

 

少しでも女子の質を高くしたいから、面接が厳しくなってしまうようですね。

 

patoの審査に落ちた人の口コミです

 

写真の審査は通りましたが、面接で落ちました。

厳しいってのは分かっていたんですが、帰りの電車の中で1人で落ち込みました。

わたしって、ダメなのかな。

 

 

patoの面接に行ってきました。

正直、面接官と話が全く合わなかったですね。

わたしは、普通にしゃべれる方だと思っているんですが、

その方との場合、間がもたなかったです。

落ちるとは思いましたが、本当に落ちました(笑)

 

 

写真を適当なものを送ったら落ちました。

もう少しましな写真を送ればよかったと後悔しています。

これからpatoの審査を受ける人は、

ちゃんとした写真を送ってくださいね。

 

 

このようにpatoの面接に落ちた人は、結構いるみたいですね。

わたしもpatoで働きたかったのに・・・。

どうしたらいいのか?

 

ギャラ飲みって、パパ活みたいなもんです

patoなどのギャラ飲みを調べていくうちに、いろいろなことが分かってきました。

 

それは、patoみたいなギャラ飲みって、

男性と一緒に食事をしたり、一緒に飲んだりして、お金をもらいます。

 

これって、パパ活に似てますよね?

 

キャバクラっぽいようなイメージがあるかもしれませんが。

キャバクラは、ドレスを着たりしますので、ちょっと違います。

お店も派手です。

 

ギャラ飲みは普通のお店に行きます。

そういう意味でも、ギャラ飲みとパパ活って、似ているなーと思います。

 

ギャラ飲みはダメだったけど、パパ活をやってみたいな。

そんな風に思うようになりました。

 

ギャラ飲みとパパ活の手当を比較してみた

そもそもギャラ飲みとパパ活の手当は、どのくらい違うんでしょうか?

完全に比較することは難しいですが、

平均値として比較してみることにしました。

ギャラ飲みとパパ活を比較した結果がこちらです↓

 

ギャラ飲みの相場

 時給
ギャラ飲み4,000円

 

パパ活の相場

 手当
顔合わせ3,000円~1万円
食事のみ5,000円~2万円
デート1万円~3万円

 

パパ活でもかなりの額を稼ぐことができることが分かります。

 

 

patoの審査には落ちたけど、パパ活で思い切ってやっていこう。

そういう気持ちになりました。

 

 

パパ活にpatoのような審査はあるのか?

パパ活は、個人でやるものですので、審査はないです。

 

ただ、そのパパに気に入ってもらう必要があります。

 

パパ活で1番最初にパパに会うことを「顔合わせ」といいます。

顔合わせでパパに気に入ってもらえれば、次につながります。

顔合わせがパパ活でいう審査みたいなもんです。

 

ただ、patoの審査のように厳しいものではなくて、ほとんどがOKをもらえます。

 

どうやってパパを探すのか?

パパを探すにして、正直どうしたらいいのか分かりませんでした。

そこで、いろいろと調べてみました。

 

そしたら、出会い系サイトがいいってことが分かってきました。

なぜ、出会い系サイトがいい?

 

それは、出会い系サイトには、パパ活をしたいパパが集まってくるからです。

お互いにパパ活をしたいので効率的なんですね。

 

良質なパパの判断方法としては、年収で検索することです。

年収で検索することによって、お金を持っている男性と知り合うことができます。

暇な時に年収が多い男性のプロフィールを見たりしていました。

 

プロフィールを見ると、相手に足跡がつくので、それを見たパパからアプローチがあります。

パパと連絡を取り、お互いの条件があったら、実際に会います。

 

パパはギャラ飲みをどう思っている?

patoとかのギャラ飲みを利用する男性は、かわいい子が来て当たり前だと思っています。

プロ意識も求められます。

 

でも、パパ活の場合は、なぜか素人として扱ってくれます。

なので、そこまで可愛くなかったり、対応がよくないとしても、気に入ってくれることが多いです。

 

なぜなんでしょうね(笑)

ギャラ飲みよりもパパ活の方が個人的にはいいと思います。

 

パパ活の強みはプロフィールがあること

男性の女性の好みって、様々ですよね?

  • 細い女性が好きな人もいるし、グラマーな女性が好きな人もいる。
  • 派手な女性が好きな人もいるし、地味な女性が好きな人もいる。
  • 明るい女性が好きな人もいるし、もの静かな女性が好きな人もいる。

 

一般的な出会いだと、なかなか自分好みの女性に出会うのは難しいです。

でも、出会い系サイトなら、自分好みの女性に出会うことが可能です。

 

それはプロフィールでどんな人が分かるからです。

  • 体型
  • 容姿
  • 趣味
  • 年齢

などなど。

男性にとっても嬉しいですが、女性にとってもいいです。

お互いに納得した状態で会うことできますから。

 

 

patoの審査で落ちても、気に入ってくれるパパが多い

patoの審査で落ちて自信をなくしていたんですが、パパ活をすることで自信が戻ってきました。

 

パパはわたしのプロフィールを見てからアプローチをしてくれるので、

 

最初からわたしのことを気に入ってくれるパパがほとんどです。

 

ここで自信が持てました。

これならなんとかやっていけるんじゃないかなと。

そこで本格的にパパ活を始めていきました。

 

パパ活の顔合わせで、ほとんどOKをもらってる現実

はじめてパパと顔合わせをする時は、めっちゃ緊張しましたね。

 

patoの審査に落ちたってことで、自信をなくしてましたから。

 

でも、何人かのパパと会ってみて、分かったことは。

ほとんどのパパが顔合わせでOKしてくれるってことです。

たまに条件面で折り合いがつかないことがありますが、それはレアなケースです。

 

ほとんどの場合は、OKです。

 

そもそも、パパ活って外見だけじゃなくて、

フィーリングみたいのも大事になってくるんですね。

 

ちょっとフランクな感じでも受け入れてもらえるのがパパ活なんですね。

 

パパ的にもパパ活の方がいいという人も多い

ギャラ飲みって、時間に対してシビアなところがあります。

逆にそこがいいところではあるんですが・・。

 

パパとしては時間をあまり意識しないで女の子と話したいっていう気持ちがあるみたいですね。

パパ活は、個人のつながりなので、時間はラフです。

 

例えば・・・。

食事で2時間のつもりが2時間半になってしまった。

こういうことってよくあるんですよね。

 

でも、こちらとしては、お金がもらえれば30分くらい気にしないので、

なんとも思わないですね。

そういうざっくりとした関係が築けるのがパパ活のメリットと言えると思います。

 

ギャラ飲みの審査に落ちたわたしが稼いだ金額は?

ギャラ飲みの審査に落ちたわたしがどのくらいの金額を稼いだのか?

 

最大で、月20万円ですね。

ギャラ飲みをしている人がどのくらい稼いでいるのか知らないですが、

これだけの金額を稼げれば満足です。

 

副業でこれだけの金額を稼げれば、

欲しいものは買えますし、行きたいところにも行けます。

 

もう少し、パパ活を頑張れば、さらに稼ぐことは可能だと思います。

でも、今度は時間がなくなってしまいます。

このくらいの金額が限度かなーと個人的には思っていますね。

 

パパ活の場合、個人事業主みたいなものですので、

価格も自分で設定できますし、言うことないかなーって思っています。

 

さいごに

ピンチがチャンスになる。

こういう言葉を聞いたことがないですか?

 

これって本当だと思います。

例えば、今までは特に何も考えずに生きてきた。

 

でも、会社で失業したことによって、資格を取ることにした。

こういうのもそうですよね。

今まで気づくことができなかったことに、気づくことができたんですから。

 

わたしの場合は、

patoの審査に落ちたことが転機になったと思います。

 

その現実があったので、パパ活という新たなフィールドを見つけることができたのですからね。

もし、patoの審査に落ちたからと言って、めげずに次を探していきましょう。

きっと、いい出会いがありますから。