パパ活の短期と長期・・どっちがいい?相場・意味・関係は?

パパ活短期長期

パパ活をする期間って、個人差がありますよね?

 

長期でやる人もいれば、短期でやる人もいます。

それぞれのメリット・デメリットがあります。

 

そこで‥今回はパパ活の短期と長期についてお話ししたいと思います。

 

パパ活アプリランキングTOP3
1位 ワクワクメール

ワクワクメールパパ活

掲示板を利用することで・・太パパが探せます。

1.5倍~2倍の手当をくれるパパが多いです。

ワクワクメールの公式サイト

   

2位 ミントC!Jメール

Jメール

ミントC!Jメールは、若いパパがいる印象です。

デート気分でパパ活をしたい人におすすめです。

ミントC!Jメールの公式サイト

   

3位 シュガーダディ

シュガーダディパパ活

シュガーダディは、資産検索ができるので、リッチなパパを探すことが可能です。

シュガーダディの公式サイト

 

ユウ

3つとも無料で登録できますので、まずは登録しちゃいましょう。

パパ活の短期・長期の意味とは?

パパ活をしていると、短期でやっているとか。

長期でやっているとか耳にすると思います。

 

この短期と長期の違いの意味って、何なんでしょうか?

 

パパ活の長期とは?

パパ活の長期は、1人のパパと月何回会うか約束して会っていくことです。

長期的な関係になるので深い話ができます。

 

パパ活の短期とは?

パパ活の短期は、長期の逆で、1回だけ会うとか。

2,3回会うだけの関係のパパですね。

さっぱりとしたパパ活ができるので、気分的に楽です。

 

この長期と短期のパパ活なんですが。

メリットとデメリットがあります。

 

短期のパパ活のメリット・デメリット

まずは、短期でパパ活をする場合のメリット・デメリットについて、

簡単にお話ししたいと思います。

では、どうぞ!

 

短期のパパ活のメリット

短期のパパ活のメリットは、後腐れないことです。

例えば・・こんなメリットがあります。

 

①お金を請求しやすい

短期間のパパとの付き合いですので、お金のことを言いやすいです。

 

例えば・・。

1万円ほしいです
無理です

このように嫌われたとしても、大した問題ではないです。

また、次のパパを探せばいいですからね。

 

②ストーカーの被害に会いにくい

パパ活を長くやっていると、変な気に入られたりして

ストーカーの被害に会うこともあります。

 

短期なら短いつき合いですので、ストーカーの被害に会うことはないです。

 

③時間的な制約がない

長期でパパ活をすると、どうしてもプライベートの時間がなくなってしまいます。

 

パパ活でお金を稼いだはいいけど、時間がなくなってしまった。

これでは、本末転倒ですよね。

 

短期なら、「この期間はパパ活に専念しよう」

このような気持ちでパパ活をしていくことができます。

 

短期のパパ活のデメリットは?

短期のパパ活のデメリットもいくつかあります。

簡単にお話ししたいと思います。

 

①パパを探すのがめんどい

短期だとパパを1から探さないとです。

そこが結構めんどいです。

短期のパパ活の1番のデメリットかもしれないですね。

 

②効率が悪い

初対面のパパって、お金を払ってくれない人もいますし、

ドタキャンする人もいます。

 

こういうパパを相手にしていくので、

どうしても効率が悪くなってしまいます。(;^_^A

短期でも稼げますが、うまくいかないことも結構あります。

 

このように短期のパパ活には、デメリットがあります。

メリットとデメリットをどう考えるか? ここが結構重要なポイントになってくると思います。

 

長期のパパ活のメリット・デメリット

長期のパパ活のメリット・デメリットです。

では、どうぞ。

 

長期のパパ活のメリット

長期のパパ活のメリットを、まとめてみました。

①手当が多い

長期のパパは、あなたのことをかなり気に入ってくれています。

 

パパの立場からしたら、あなたのことを手放したくないと考えているはずです。

だから手当が多くなります。

短期のパパ活に比べて、長期のパパ活の方が手当が増える傾向にあるのは間違いないです。

 

②パパを探す手間がない

短期のパパ活の場合、いちいちパパを探さないといけないです。

これが結構な手間なんですよね。

 

パパを探す→顔合わせ→パパを探す

これを繰り返していかないといけないです。

そう考えるとかなりの手間ですね(;^_^A

長期のパパ活では、これがないので楽です。

 

③手当が計算できる

長期的に会ってくれるパパがいると・・。

手当が計算しやすいです。

「今月は、このくらいお金が入ってくるな」と計算できるんですね。

 

給料と同じ感覚です。

本業の仕事をしていると毎月入ってくるお金って、計算できますよね。

でも、日雇いの仕事だと計算できない。

 

何かを買う時も、今月はこのくらいのお金が入ってくるから、

買っても大丈夫かな? っていう発想になります。

 

以上、長期のパパ活のメリットについてお話してきました。

次は、長期のパパ活のデメリットです。

 

長期のパパ活のデメリット

長期のパパ活のデメリットは、このような感じです。

①告白されるかも

長くパパと一緒にいると、パパがわたしのことを好きになってしまうことがあります。

もしよかったらつき合ってくれない?

このように言われることもあります。

 

こちらとしては、お金のためにやっているので、つき合う気はないですよね。

1度告白されると、ぎくしゃくして関係が終わってしまうことが多いです。

 

②お金の話をしにくくなる

パパと年レベルで知り合いになると、変に気を使うようになってしまい、

お金のことをズバッと言いにくくなってしまいます。

 

嫌われたらどうしよう・・。

そのため、お金の話がしにくくなってしまいます。

 

③個人情報がばれるかも

長い間、パパと一緒にいると、口がすべって個人情報を言ってしまったり、

言葉の節々から、なんとなく個人情報が推測できたりしてしまいます。

 

パパ活では個人情報がばれるといろいろと面倒なことも多いですから、

注意したい方がいいです。

 

このような感じで、長期のパパ活のデメリットをお話ししました。

 

短期・長期のパパ活の相場は?

短期・長期のパパ活の相場は、どのくらいなのか?

短期と長期に分けて、ざっくりとお話ししたいと思います。

 

まずは・・短期の相場です。

 手当
顔合わせ3,000円~1万円
食事のみ5,000円~2万円
デート1万円~3万円

短期の場合は、1回1回手渡しで手当がもらえます。

 

長期の場合の相場は?

長期の場合の相場はこちらになります。

 定期の手当(月額)
20代前半30万円
20代後半25万円
30代20万円
40代10万円

 

長期の場合は、手当をまとめてもらえることが多いですね。

月何回会うみたいな約束をして、それでいくら・・みたいな。

 

もちろん、1回1回もらうこともできます。

どちらがいいのか? パパとうまく相談してみましょう。

 

短期・長期のパパ活でも・・パパの探し方は同じです

短期と長期のパパを探す場合、探し方って何か違いがあるんでしょうか?

実はそんな違いはないです。

やることは同じです。

こんなイメージです。

  1. 出会い系サイトにアクセス
  2. 募集
  3. 連絡を取る
  4. 会う

 

この辺の感じは、短期でも長期でも変わらないんですが、

結局、その後、気に入ってもらえたら長期になりますし、

そこまで気に入ってもらえなかったら短期となります。

 

こちらがそもそも長期でやるつもりはなければ、短期となります。

いずれにしても、出会い系サイトでパパを探す必要があるんですね。

 

最初から・・長期と短期のパパを選別するには?

最初から長期でパパ活をやっていきたいなと感じているのなら、

募集をする時に、その気持ちを言っておけばいいです。

 

例えば・・こんな感じ↓

こんにちは。

 

長期で食事などをしてくれる人を募集しています。

 

詳しくは個別にお話ししましょう。

 

このような感じで募集をすることで・・長期でパパ活をしたいんだなーっていうのが分かります。

短期の場合は特に書かなくていいです。

 

結局、短期と長期のパパ活・・どっちがいいの?

短期と長期のパパ活をするにあたって、結局がどっちがいいの?

 

これに関しては結論はないです。

 

長くパパ活をしてくのなら、長期がいいですし、

期間限定でやるのなら短期がいいです。←当たり前すぎるコメント(笑)

 

でも、結局のところそうなると思います。

 

稼げるかどうか・・という視点で考えると、やっぱり長期のパパ活かなと思います。

長期のパパの方が手当をたくさんくれます。

これは私の感覚なんですが。

 

欲しいものがあったとして、そのためにお金がほしい。

こういう場合は短期でいいです。

 

長期のパパ活か短期のパパ活か、どっちがいいのかはその人次第です。

 

長期パパと短期パパを併用していくのがベストだと思います

長期でパパ活をするにしても、新しいパパを開拓した方がいいです。

 

例えば・・。

長期パパが1人いる。

このパパとパパ活をしていってもいいのですが、いろんなリスクがあります。

 

  • 急に関係を打ち切られたりします

そんな時に、パパを開拓しておけば、そのパパが長期になってくれるかもです。

 

そもそも・・今の長期パパがベストか?

これはそうではないですよね。

もっと手当をくれるパパがいるかもしれません。

 

長期パパがいたとしても、短期のパパも一方で開拓しておくのがいいんですね。

 

さいごに

パパ活をするにしても、それぞれのやり方があります。

長期でやるのか?

それとも短期でやるのか?

 

募集方法もそれによって少し変わってきます。

 

まずは、短期でやってみる。

うまくいったら、長期も視野に入れてみる。

 

そんな感じで方の力を抜いてパパ活すると意外とうまくいくかもですね。

 

これまでお話ししてきた通り、短期・長期のパパ活で、

メリット・デメリットがありますので、そこをうまく考えてパパ活していきましょう。

 

わたしがパパを探したサイトは、こちらにまとめてありますので、参考にしてみてください↓

スマホ2 20代・30代に人気!おすすめのパパ活サイトランキング!