パパ活男性を狙った美人局に要注意!美人局の特徴と対策!

今回は、「パパ活男性を狙った美人局」についてご紹介させていただきます。

昔から存在する美人局ですが、最近では「まさかこの人が!?」というように、相手が美人局であるかを見抜くことも難しくなってきております。

特に、パパ活中の男性は言い出しにくいケースも多く、一度でも被害に遭ってしまうと、持っているお金だけでなく、個人情報のわかるものまで取り上げられ、最悪人生がめちゃくちゃになることも…

 

そんなことになる前に、美人局を見極める力と、被害に遭った際に取れる対応方法を事前に覚えておきましょう!

初めに

まず初めに、前提として援助交際は売春防止法の観点から”禁止”されております。

しかし、恐喝は恐喝罪に該当し”犯罪”となります。

このことを念頭に置いておき、もし美人局の被害に遭遇してしまった時はできるだけ冷静な対応ができるようにしておきましょう。

 

ただ、成年者が未成年者に金銭の代わりに性交や性交類似行為を行った場合には、児童買春罪に該当してしまいます。

よって絶対に18歳以下の女性には手を出さないようにご注意ください。

中には自分が未成年者だということを黙っているケースもあるので、要注意です!

美人局に出会ってしまう「出会いの場」

美人局は出会ってしまってからだとトラブルを回避することは非常に難しいです。

そのため、事前にある程度の知識を付けておくことをオススメします◎

 

まず、美人局と出会うパターンとしては3つあり、

①街や居酒屋などで声をかけられついて行ったら怖いお兄さんが登場するケース

 

②SNS・サイトで知り合い、待ち合わせの場所に行ったら本人不在or他の人も一緒にいるケース

 

③出会いカフェや相席屋などで知り合った女性が美人局だったケース

その中でも特に多いのが、②のSNSやサイトでの被害です。

 

SNSは嘘でもわからない・誰でも利用できる・身分証明書の確認や管理してくれる人がいないからです。

仮にSNSで未成年者が成人男性と出会おうとしていても、止める人はおりません。

 

もちろん、パパ活専用アプリで身分証明書の確認や身元確認ができている場合でも、美人局の中には、知り合いの身分証明書、またはどこかから不正に仕入れた個人情報をもとに登録をして、男性を騙している人も存在します。

しかし、そういった審査の無いSNS・サイトと比べるとパパ活専用アプリの方が、美人局の被害に遭う確率も減ります。

 

そこでまずは、相手の身分が不確かな女性とは出会わないことをオススメします。

 

また、今では運営側も試行錯誤し、被害にあわないような取り組みをしておりますが、それでも中には詐欺をする目的で利用している人もおります。

そこで次の項目では「美人局を見極めるコツ」をご紹介させていただきます。

この特徴を知っておくだけで、早い段階で相手が美人局かどうかわかる可能性が高いです。

まずは相手を見極める力を身につけましょう!!

パパ活している男性を狙った美人局の見分け方

パパ活している男性はお金を持っていることが前提のため、美人局からも狙われやすいです。

そこで次に、どういった女性に気を付ければよいのかご紹介させていただきます。

プロフィールの写真とキーワードを要チェック

声をかける前に、プロフィールに記載されている写真とキーワードで見極めましょう。

まずは以下の4つに気を付けましょう。

①可愛すぎる or 美人すぎる

本当にただただ可愛い子がパパ活をやっている当たりのケースもあります。

ただ、「可愛すぎる or 美人すぎる」場合は、念のためこの後ご紹介させていただく項目に当てはまっていないかも確認しましょう。

②エッチなキーワードがプロフィールに記載されている(セフレ募集や大人OKなど)

まず、最初っから「エッチ」を求める女性はいないと考えましょう。

もしかしたら本当にいるかもしれませんが、全員が見るプロフィールに記載している可能性は限りなく少ないです。

 

③写真がエロい、露出が多い

こちらも②に付随した話になりますが、大勢が見るプロフィールの写真で、胸を強調した写真や、お尻などの際どい部位が写っている写真を設定している女性は要注意です。

中には”見られたい”可能性もありますが、わざわざそのような場所でアピールする女性も少ないと考えましょう。

 

④LINEやカカオなどのID(個人情報)が記載されている

LINE IDやカカオのIDを載せている人はほぼ美人局と読んでいいでしょう。

そういった事前の公開は、運営側から削除するように指摘される可能性もありますが、一般女性が自ら無差別に個人情報を漏洩することはありません。
また、女性側ではアプリを使うデメリットはありません。
あったとしても、いつも使っているLINEよりも使い勝手が違うことです。
そんな中、わざわざ個人情報を公開している女性は危険です。
要注意しましょう。

理解力が高い・話がスムーズ

美人局は詐欺が仕事のようなものです。

そのため、とても理解力が高く、話もスムーズです。

例えば、一般的な人だと

パパ「エッチしたい」

 

一般女性「仲良くなったらね!」

 

パパ「早く会いたい」

 

一般女性「もう少しパパのこと知りたいな…(エッチしたいの後の会いたいは怖い!)」

 

ですが、美人局の場合に多い例は、

パパ「エッチしたい」

 

美人局「私もパパとエッチしてみたい♡」

 

パパ「早く会いたい」

 

美人局「私も♡明日はどう?」

など、こちらはあくまで極端な例ですが、無駄なやり取りも少なく、すぐにでも会ってくれます。

また、エッチな内容を話す時もノリが良かったり、いつでも返信が早い女性も注意が必要です。

兎に角すぐに会いたがる女性に要注意

先にもお話した通り、「早く会いたい」や、「いつ会える?」と女性から言ってくる場合は要注意です。

パパ活に慣れている可能性もありますが、それでも女性はまず相手のことをリサーチし、相手がどんな人か、危ない人ではないか?など、身の安全を考えるはずです。

実際、女性の方が知らない男性に出会う際に被害に遭うケースは多く、盗撮被害や、強姦被害なども後を絶ちません。

 

そんな中、女性側から早く会いたいアピールをしている場合は、注意するに越したことはありません。

女性側から場所を指定してくる場合は要注意

待ち合わせ場所を女性が指定してくる際は、要注意です。

特に人通りの少ない場所やお店を指定された場合は、行かないことをオススメします。

また、いきなり家やホテルなどを指定してくる女性は、確実に美人局といっても過言ではありません。

 

待ち合わせ場所はできるだけ、男性側が指定するか、人気の多い場所を選びましょう。

頑なに「ここがいい!」っといってくる女性は業者の可能性もあります。

携帯をいじる頻度が高い女性に要注意

出会っていきなり違う男性がいる、なんてこともありますが、実際出会ってからも注意が必要です。

頻繁に携帯をいじっていたり、気にする素振りを見せていたら要注意です。

そもそも、初対面で携帯をいじるマナー違反な女性も少ないでしょう。

明らかな異常行動なので、美人局である可能性が非常に高いです。

身の安全のためにも、すぐにでも解散することをオススメします。

パパ活で美人局の被害に遭わないための対策

次に、被害に遭わないための対策、または被害を最小限に抑えるための対策をご紹介させていただきます。

きっとあなたの役に立つはずなので、パパ活中の男性は是非実践してみてください。

既婚者や18歳以下には絶対手を出さない

先にお話した通り、18歳以下の女性には絶対に手を出さないでください。

18歳以下の女性に手を出した段階で犯罪者に仕立て上げられても、否定ができません。

 

また、既婚者女性も要注意です。

元々、美人局は夫婦が結託して、妻が男性を釣り、夫が懲らしめるといった形で金銭を巻き上げる行為が主流です。

本当の夫でないとしても、可能性は高まりますので、やめましょう。

 

また、既婚者女性との不貞行為を持ってしまった場合、ホテルに入った写真や、エッチの最中に登場してくる場合などもあり、”不倫”を言い訳に、その時だけでなく、その後も証拠写真を人質に脅されるなんてこともあります。

もし相手が既婚者ならば、相手にしないことをオススメします。

会う際は大金や個人情報を持たない

実際会う時には大金やクレジットカード、身分証明書は持ち歩かないようにしましょう。

美人局以外にも、少し目を離した間にお金を抜き取られたり、持ち物を盗まれるといった被害に遭うケースもあります。

 

仮に相手が美人局だった場合は、お金だけでなく身分証明書を取られた場合、悪用される可能性が非常に高く二次被害も容易に想像で来ます。

そのため、・クレジットカード・個人情報がわかる免許証などのほかに、車も注意しましょう。

 

車から場所が特定されたり、車の前で待ち伏せされたりするケースもありますので、出会う際は車の場所を教えない、または、交通機関を利用し、車で会うのはやめましょう

人通りが少ない場所で会わない

人気の少ない場所での待ち合わせは大変危険です。

自分の身を守るためにも、人通りが少ない裏通りや、辺鄙な場所で会うのはやめましょう

 

美人局や悪いことをする人は誰かにバレることを警戒しています。

また、大声を出した際に周りに人がいなければ誰にも助けを求めることができません。

相手の女性を信頼できるまでは、人通りが多い場所で会うようにしましょう。

パパ活で美人局の被害に合ってしまった時の対処方法

まず、相手が美人局だった場合は逆らってはいけません。

相手のスキを見て警察に電話をして助けを求めるか、その場はやり過ごすことをオススメします。

仮に、相手を殴ってしまった場合など、「正当防衛」とはよく聞きますが、正当防衛を証明することも難しいケースがあります。

 

また、相手を挑発するような態度はとってはいけません。

相手がヒートアップしてしまい、怪我だけでなく最悪命を落とすこともあります。

 

兎に角その場はやり過ごし、すぐに警察に相談しましょう。

その際に身分証明書やクレジットカードを取られてしまった場合は、警察でも対処できない場合があります。

そのため、盗られてはまずいものは持ち歩かないようにしましょう。

 

ホテルに入る写真や最中の写真を撮られ脅された場合も、正直に警察に相談することをオススメします。

最後に

ここまで、美人局の特徴と見極め方、また被害に遭った場合の対処法をご紹介させていただきましたがいかがでしょうか。

昔よりも様々な手口で男性を陥れる美人局。

 

特徴や傾向をもとに、被害に遭わないよう気を付けることはできますが、たくさんの女性と出会うことでそのリスクは高まります。

また、この対策をしっかりしていたのに予想していなかった被害に遭うことも、今後起こることもあり得ます。

 

そんな時は、何事も冷静になって、相手をあおらずすぐに第三者へ助けを求めましょう。

何度も言いますが、未成年・既婚者には手を出さないこと。大金や個人情報を持って遭わないこと。この2つを徹底していれば多くのトラブルは避けることができます。

また、女性が人通りの少ない場所を待ち合わせに指定してきたときは罠だということを念頭に置いておきましょう。