【超危険】パパ活でのTwitterのやり方・コツをまとめてみました!

パパ活Twitter

こんにちは!

ユウです。

 

パパ活をする時に、Twitterで募集をするのを聞いたことないですか?

わたしはTwitterを利用していませんが、Twitterでパパ活をしている人が多いです。

 

最近は、みんなTwitterのアカウントを1つは持ってますからね。

そういう意味でも、何かと楽です。

 

ただ、Twitterでパパ活をすると変な事件に巻き込まれてしまうのが多いのも事実です。

そこのところはどうなの?

最初はよくわからないと思います。

 

知らないままTwitterでパパ活をして、危険な目にあったら最悪です。

わたしも最初は、それに恐れていました。

 

そこで、今日はTwitterをパパ活をする上で注意したいことなどを紹介します。

では、どうぞ!

パパ活アプリランキングTOP3
1位 ワクワクメール

ワクワクメールパパ活

掲示板を利用することで・・太パパが探せます。

1.5倍~2倍の手当をくれるパパが多いです。

ワクワクメールの公式サイト

   

2位 ミントC!Jメール

Jメール

ミントC!Jメールは、若いパパがいる印象です。

デート気分でパパ活をしたい人におすすめです。

ミントC!Jメールの公式サイト

   

3位 シュガーダディ

シュガーダディパパ活

シュガーダディは、資産検索ができるので、リッチなパパを探すことが可能です。

シュガーダディの公式サイト

 

ユウ

3つとも無料で登録できますので、まずは登録しちゃいましょう。

Twitterでのパパの探し方!

まず、Twitterを利用するためには、アカウントが必要になります。

簡単に登録できます。

 

この辺の説明はいらないと思いますので、あえてしません(笑)

 

まずは、1つアカウントを持っておくといいです。

気になるパパの探し方ですが、いくつか方法がありますので、1つずつ紹介したいと思います。

 

①ハッシュタグを利用する

Twitterで共通の話題を探す時ってハッシュタグを使いますよね。

  • ♯パパ活

みたいなものです。

 

パパ活でも、ハッシュタグを利用するといいです。

ちなみに、パパ活に関するハッシュタグはこんなものがあります。

  • ♯パパ活
  • ♯パパ募集
  • ♯パパ活募集中
  • ♯パパ活初心者
  • ♯パパ活都内
  • ♯パパ活大阪
  • ♯パパ活静岡
  • ♯p活

このハッシュタグをつけてツイートすることで、パパがあなたのことを探しやすくなります。

 

パパ活では、どんな感じでtweetするの?

Twitterは本当にラフな感じでいいのかなと思います。

こんなツイートが多いってのをまとめてみましたので、参考にしてみてください。

 

19日の18時くらいから食事を一緒に行ってくれる方いませんか?

体の関係はなしでお願いします。

条件は、固定ツイートの方にまとめてあるので、もしよかったら見てください。

よろしくです。

 

 

生活費払いきれないです。

1h5,000円で食事に行ってくれるパパを募集しています。

25歳155cm色白です。

髪型は、セミロングです。

 

 

定期のパパが切れてしまったので、新しいパパを募集しています。

条件を読んでDMで返信をお願いします。

一緒にご飯を食べたり、お酒を飲んだりできるパパを募集しています。

よろしくお願いします。

 

 

なぜ、こんなツイートが短くていいのか?

そもそも、Twitterには文字数の制限があります。

 

どのくらいの文字数の制限がある?

 

日本語は、140文字。例:あいうえお

 

半角英数字は、280文字。例:ABCDabcd1234

 

このように、文字数に制限があるんで、どうしても短くなってしまうんですね。

じゃあ、条件とかはどう伝えればいいの?

 

Twitterでのパパ活の条件の伝え方とは?

パパ活で、Twitterを利用して条件を伝える方法をいくつか紹介したいと思います。

参考にしてみてください。

①固定ツイートを利用する

条件専用の固定ツイートを作っておく。

そこには、条件のみを書いておけばいいんですね。

 

ようは募集ツイートと条件ツイートを分ける方法です。

この場合は、

条件は、固定ツイートの方にまとめてありますとツイートしておくと丁寧です。

 

②画像を利用する

このパターンが1番多いのでは、ないでしょうか?

 

条件を書いたものを画像として保存しておけば、文字数に制限はないですよね。

スマホで、何かのアプリで書いて。

それをスクリーンショットすればいいです。簡単ですのでやってみてください。

 

 

ユウ

この2つのどちらかをうまく使っていけば、

文字数制限という壁をうまく超えていくことができます。

 

 

Twitterでのパパ活の条件は、どんな感じで書く

Twitterでの条件の書き方は、本当に人それぞれって言った感じです。

あなたが伝えたいことを伝えられればベストです。

 

そうは言っても、どうやって書いたらいいか分からないと思いますので、

簡単に例文を紹介したいと思います。

 

例文①

 

・プロフィール

 

名前:○○
身長:155㎝
髪型:ショートカット
趣味:ショッピング

 

時間は11時~18時まででお願いします。

 

見た目は、普通くらいなので、あまり期待過ぎると幻滅するかもです。

 

・NG行為

 

性行為、暴言、さらし、ドタキャン、お金をはらわない、密室で会う、ストーカー。

 

もし、これらの行為をした場合は、お金を返さず、即帰らせてもらいます。

 

・こんな人がいい

お金に余裕のある方
年齢:25歳~
清潔感のある方(においがきつい方は遠慮させてもらっています)

 

例文②

 

自己紹介

 

・20代前半
・体型は普通(ふと過ぎず瘦せすぎず)

 

場所

・都内

 

料金

・1h5,000円でお願いしています。

 

費用は、パパさん持ちでお願いします。

 

車は怖いので、移動は電車か歩きにしてください。

料金は先払いとして、その場で確認させてもらっています。(失礼ですがすいません)

 

オプション

 

・手つなぎ 2,000円
・ハグ 2,500円

 

内容

・食事・映画・ショッピングなど

※密室になるようなところは無理です

 

NG行為

・性的な行為
・ドタキャン
・盗撮
・SNSへの投稿
・暴力
・車移動

 

こんなパパがいい!

・金銭的な余裕がある
・嫌なことをしない
・パパ活経験者
・顔写真を送ってくれる方
・NGな行為をしない

 

例文③

 

自己紹介

・26歳のOLです。
・身長155㎝の普通体型です

 

料金

・食事代+1万円でお願いします。

 

条件

・夕方~22時くらいまでOKです。

 

場所

・都内

 

デート内容

・お茶、食事のみ

健全なデートをしたいのでよろしくです。

詳細は、DMでお話ししましょう。

こんな感じで、自分の条件をまとめて書いている人が多いですね。

まずは、これをみてもらうことで、後の話がしやすくなります。

 

条件を見てもらったら?

ツイートに、条件をみてOKならDM(ダイレクトメッセージ)してください。

ということを書いておけばDMで連絡がきます。

 

あとは、DMで細かい条件なんかを伝えあって、

問題なさそうだなと判断したら、実際に会ってみてください。

 

Twitterのアカウントはパパ活専用のものを使いましょう

普段使っているTwitterのアカウントで、パパ活の募集をするのはやめましょう。

もしかしたら個人情報が特定されてしまうかもですから。

 

そういうリスクを回避するためにも。

パパ活専用のアカウントを作って、それでパパ活するようにしましょう。

 

そうすれば、個人情報が漏れることなく安心してパパ活できますからね。

ちなみに、もし仮にパパに個人情報を教えてほしいと言われても、絶対に断るようにしましょう。

 

パパにTwitterにさらされたりしたらちょっと面倒ですからね。

 

Twitterでのパパ活は初心者に向いているのか?

まず、初心者はTwitterでの募集はやめた方がいいのかなと思います。

なぜか?

 

やっぱり、危険があるからです。

わたしは、Twitterでパパ活をしていないのですが、それには理由があります。

Twitterで募集をしない理由を紹介したいと思います。

 

①相手の身元が分からない

Twitterは匿名性が強いので、どんな人か、ちょっと分かりにくい側面があります。

相手の写真も分かりませんからね。

もちろん、プロフィールなんかも全部嘘の可能性も高いですから。

 

②事件性が高い気がする

男女のトラブルになるものの代表格がTwitterのイメージがあります。

なんでか?

 

ちょっと分からないんですけど。

Facebookとかは本名じゃないとできないですけど、Twitterは匿名でもできますよね。

そういうところが絡んでいるような気がします。

 

③誰でも簡単にできる

Twitterは、無料で誰でもできます。

登録作業はほとんどいらずに2分くらいで終わってしまいます。

 

つまり手軽にできる反面、誰でも簡単にできてしまうというデメリットがあります。

誰でもできるってことは、身分がよく分からない人でもできてしまうってことですからね。

 

じゃあ、どうすればいいの?

やっぱり登録作業がある出会い系アプリの方がいいのかなと思います。

 

ついにTwitterのパパ活に警察が動いた

警察が動いたっていっても、パパ活自体は犯罪ではないです。

 

SNSを通じでの性犯罪が増えてきて、そのうちの4割がTwitterが絡んだものらしいです。

ちなみに、犯罪になるのは、18歳未満の児童を性的に犯した場合です。

 

Twitterを利用すると、誰でも簡単に出会うことができますからね。

なんか、やっぱり怖い気がします。

特に未成年の女子がそういうトラブルに巻き込まれることが多いようです。

 

ちなみに、警察はどんなことをするのか?

  1. 女子がパパ活ツイートをする
  2. 警察の公式アカウントから、パパ活の危険性を注意する返信が直接送られる

 

このような取り組みを警察がしたことにより、

実際にパパ活のツイートが減ってきたようですね。(未成年の場合です)

 

Twitterでのパパ活は、業者に狙われるかもしれない

業者に狙われるとは一体、どんなことを言うんでしょうか?

簡単に言うと、アダルト系の仕事をしている人が、Twitterの文章を読んで、

あなたにアプローチしてきます。

 

もちろん、相手は一般人としてアプローチしてきます。

それが風俗関係の人だったり、ホテルに行ってみたら、隠しカメラが仕込んであったりと。

とにかく怖いです。

 

他にも、ねずみ講などのマルチビジネスの勧誘などもあるようです。

Twitterは、審査がないのでそういった業者の人たちが入ってきやすい環境にあると言えます。

 

Twitterでパパ活をするメリット

Twitterでパパ活をするデメリットをお話ししてきましたが、

逆にTwitterでパパ活をするメリットとは?

 

①いろんな人の目に触れる

SNSにもいろいろとありますが、匿名で1番頻度が高いのがTwitterです。

つまり、Twitterは、みんなの目にとまりやすいんです。

その結果、いろいろな人からアプローチがある可能性が高まります。

 

②今日会える

変な話、Twitterで今日会える人募集です。

今日以外無理です。

とツイートしたとしても、かなりのアプローチがあるかと思います。

 

今日、暇だな。時間あるな。

そう思ったら、ツイートをすれば、簡単にパパが見つかるってわけです。

 

 

ユウ

このようにTwitterを使うメリットは、

手軽で即効性が高いってことになります。

その反面、それを利用した犯罪も多いってわけなんですね。

 

 

18歳未満は、パパ活をやめておこう!

なぜ、18歳未満の女性がTwitterでパパ活をするのか?

と言いますと、アプリとかが使えないからなんですね。

 

アプリを使うためには、登録をする必要があります。それが、18歳未満だと登録できない。

 

じゃあ、Twitterはどうか?

誰でも登録できますよね。

 

だから、18歳未満の女性がTwitterでパパ活をするんですね。

 

ちなみに、そういう女性をパパは狙っています。もちろん、性的な意味で。

そういうリスクがあるので、18歳未満がTwitterでパパ活をするのは、やめておくのが無難です。

 

まとめ

パパ活をしたくて、パパを募集する場合、Twitterはかなり使えます。

登録も簡単ですからね。

 

ただ、Twitterには文字数の制限があるので、

条件なんかは、他でまとめておいて、それをスクショしておきましょう。

そうすることで、文字数の制限を回避できます。

 

Twitterでパパ活をするのには、メリット・デメリットがあります。

本当にTwitterでパパを募集するのがベストなのか?

いまいちど、考えてみてください。

 

パパを募集する方法は、Twitterだけではなくて、アプリなんかもあります。

そういうものをうまく利用していくのが、わたしはいいかなと思っています。