家賃を払ってくれるパパ!学生が1人暮らしできた体験談!

パパ活家賃

わたしは、20代の学生です。

これまで普通に学生生活をエンジョイしていたのですが、

あることをきっかけに雲行きが怪しくなってきました。

 

それは親が失業してしまったことです。

 

学費は何とか奨学金で払っていたんですが、家賃が微妙になってきました

 

田舎から東京に出てきたっていうのもあり、家から通うのは無理です。

どうしても、一人暮らしをしていなかないとです。

なんとかならないものか・・。

 

わたしが住んでいるアパートの家賃は?

わたしが住んでいるアパートの家賃は、月5万円です。

 

都内っていうのもあって、そこまでいい部屋ではないです。

学生なんで仕方ないですが・・。

文句は言えないです。

 

家賃の痛いところは、毎月必ずお金が出ていくことです。

固定費ってやつですね

 

それも5万円という金額が・・。

5万円は働いている人にとっては払えるかもしれませんが、

 

学生にとってはめっちゃ辛いです。

これをどうにかしてかないと・・。

 

家賃のために、これ以上バイトするのは厳しい

バイトをすることも考えたのですが・・なかなか厳しいものがあります。

 

というのも、バイト代は生活費に充ててしまっているからです。

 

これまでも親に多少の支援はしてもらっていたんですが、

それだけでは足りない。

  • 食費
  • スマホダイ
  • 洋服代

これらを稼ぐためにバイトをしていました。

 

バイトは、週3でやっているんですが、

これ以上、バイトを増やすのはさすがに厳しいです。

そこで、考えたのがパパ活です。

 

パパ活で家賃を払える?

普通のバイトって、時給1,000円もらえればいい方じゃないですか?

 

では、パパ活はどのくらい稼げる?

ここが気になると思います。

パパ活の相場をまとめると、こんな感じですね↓

 手当
顔合わせ3,000円~1万円
食事のみ5,000円~2万円
デート1万円~3万円

 

どうでしょうか?

パパと食事に1回いくだけで、1万円とかもらえるんで、

なかなかいいですよね。

これを家賃として使っていけます。

 

月に5回パパと会えば、家賃分くらいは稼げるってことになります。

週末は学校も休みなので、

土日をうまく利用してパパ活していくことで、稼いでいけます。

 

家賃を払ってもらうというか・・パパ活で5万円を稼ぐ

家賃が払えないと、アパートを出ていかないとです。

 

だから、パパに家賃を払ってほしい。

そういう気持ちが先行するんですが・・結局は5万円稼げればいいです。

 

家賃っていうか、お金が大事です。

 

逆に言うと・・家賃を払ってくれる人はいなくても、

 

お金を5万円くれる人がいればいいわけです。

 

そんなことわかってるわ!

って思うかもしれませんが、家賃のことばかり考えるとそこを忘れてしまいます。

 

家賃を払ってくれる人よりも、

お金をくれる人の方が絶対数は多いんじゃないかと思います。

 

家賃そのものをパパに払ってもらうことはできる?

パパ活で食事などをして家賃代を稼ぐのではなくて、

家賃そのものを払ってもらうことはできるのか?

 

これは・・可能です。

ただし、それなりにパパに信頼された関係にならないと無理です。

 

普通に考えてみればわかるんですが、

出会ったばかりの女性に家賃を払ってあげるよ・・とはならないわけです。

 

何回か会って、この子なら家賃を払ってあげてもいいな・・。

このように思われるような存在にならないとですね。

 

 

パパ活には、定期っていうのがあって。

定期的に会ってくれるパパがいると・・払ってくれるかもしれません。

 

定期パパは月額です。

 

その金額を家賃に充てると思えば・・その関係性に近いのかなーと思いますよ。

 

定期パパの手当は?

定期パパは家賃の返済にはもってこいです。

なぜ?

 

それは、月額でお金をくれるからです。

どのくらいの金額のお金をくれるのか?

それがこちらになります。

 月額
定期30万円

 

これは、パパの質によっても違いますし、

月に何回会うという契約によっても金額は変わってきます。

 

そこは交渉次第。

月額で確実にこれだけの金額をもらえるので、本当にうれしいですね。

安心して家賃が払えるので、追い出される心配とかはないですから。

 

家賃で困っているアピールをし過ぎると、よくないことも

パパの種類によっては、あまりにも家賃払えないアピールをし過ぎるのもよくないです。

なぜ?

 

家賃が払えないってことは、それがなくなると困るってこと。

 

家賃を払わないよ。

このように脅されて、変なことを強要されるかも。

 

本当に追い詰められていると・・・みだらなことをしてしまうかもです。

あまりにも、困っているアピールをするのはよくないです。

例えば・・・。

 

学校でいじめがあったりしてもなくならないのは、

 

学校をやめることができないからです。

 

会社とかでいじめにあっても、やめればいいだけの話です。

 

ちょっと話が横道にそれてしまいましたが、そういうことです。

 

いきなり家賃は無理なので、当面は単発パパで稼ぐ

パパ活で定期パパを見つければ稼ぎやすいと言いましたが、

いきなり定期パパを見つけるのは無理です。

 

その場合は、単発でパパを探していくといいです。

単発?

 

単発パパは、1回ごと違うパパのことです。

 

定期パパのように月額でいくらくれるとかでなくて。

 

1回会うごとにお金をもらいます。

 

まずは、そういう単発パパでお金をもらう。

で、その中で定期になってくれるパパや、家賃を払ってくれるパパを探します。

 

家賃パパをどこで探す?

家賃を払ってくれるパパをどこで探すのか?

1番簡単にパパを探せるのは、出会い系サイトですね。

 

出会い系サイトは、検索機能が充実しています。

例えば・・・。

  • 年齢
  • 年収
  • 地域

このようにパパを探していくことができますね。

 

あとは、出会い系サイト内の掲示板が使えます。

掲示板で、このような書き込みをしていくんですね。

はじめまして。

 

食事1で、一緒に食事をしてくれる人を募集しています。

 

条件は、後程話ましょう。

こんなイメージですね。

 

そうやって掲示板で募集をすることで、パパがアプローチをしてきます。

 

あとは、メッセージの交渉⇒会う。

この流れを繰り返すだけです。

 

出会い系サイトを利用すれば、簡単にパパと知り合いになることができます。

まずはやってみましょう。

 

家賃パパには、住所をばれないようにする

家賃を払う時に気をつけないといけないのが、住所です。

 

どこに住んでる?

何て言うアパート?

 

このようにパパから聞かれることも多いかと思います。

 

家賃を払ってもらっている場合。

住んでいる場所を教えた方がいいのかな?

という気持ちになるかもしれません。

でも、やめた方がいいです。

 

いくら家賃を払ってもらっていたとしても、家賃は家賃です。

 

もし、パパに個人情報を教えてしまうと、パパが家に来ることもあるかもです。

それだけは絶対にダメです。

大変だと思いますが・・そこはちゃんとしていきましょう。

 

家賃が払えるようになったら、貯金をしておく

家賃を払えるようになったとしても、

貯金はある程度しておいた方がいいです。

 

家賃は毎月出ていくものです。

何もしなくても払わないといけないです。

 

もし、パパとの関係が終わったら?

病気でパパ活できなかったら?

学校の課題が多くてパパ活できなかったら?

 

そう考えると・・何が必要か分かってきます。

それは貯金です。

 

最低でも6ヵ月分くらいの貯金があると安心ですね。

明日は、どうなるか分からないですからね。

 

家賃だけでなくて、パパにマンションを買ってもらえる強者もいる

わたしは、家賃を払ってもらうだけで、なんとかパパ活をやっています。

でも、なかには、マンションを買ってもらえる女子もいるようです。

 

マンションなら家賃の悩みがないですよね(笑)

持ち家みたいなもんですから。

 

わたしからしたら、夢物語ですが。

1度きりの人生。そういうことを経験してみたいなと思いますね。

 

わたしが家賃を払ってもらった体験談

ここからは、わたしがパパ活を通じて家賃の支払いをした方法を紹介します。

 

大学生のわたしが家賃を払えなくなったのは、

これまでお話しした通りです。(親が失業して、お金がなくなったら(;^_^A)

 

バイトするにしても、

そもそも生活のためにバイトはしていたので、

パパ活をすることに。(時間がなかったので)

 

いきなり家賃を払ってくれるパパを探すというよりは、

まずは、家賃の5万円の支払いをすることを心掛けましたね。

 

さっそくパパを探すことに・・・。

わたしは、出会い系サイトの掲示板を利用しました。

掲示板でこのように出会いを求めていきました。

 

こんにちは。

今わけがあってお金が欲しいです。

食事1で、会ってくれる人を探しています。

条件は、メッセージのやり取りでお話ししましょう。

 

こんな感じで掲示板にメッセージをしたら、

わたしのことを興味持ってれるパパが現れました。

 

パパとは、週末がメインで会っていった

なんだかんだで合計4人のパパと知り合いになることができました。

そのパパと連絡を取っていって、週末に会うことになりました。

 

週末はお休みなので。

土日のどちらか片方に会うことにしましたね。

 

基本的には、食事で1もらってました。

たまに、デートっぽいこともしましたね。

 

映画をみたり、音楽を聴きに行ったり、ショッピングをしたり。

普通に友達と遊ぶようなことをしましたね。

 

それをすると1日がかりなんですが、2もらえることもありました。

あと、平日に余裕がある時に会いました。

そうしていることで、家賃の5万円は余裕で稼ぐことができました。

余った分は、貯金に回すイメージです。

 

家賃を払ってくれるパパに出会えた

そんなこんなで家賃をパパ活で貯めていったんですが、

ある時に家賃を払ってくれるパパに出会いました。

家賃まるごと払ってくれました。

 

どうやってそんなことができたのか?

実は・・あるパパと定期になったんですが、

ふとした瞬間に「家賃払うの本当に大変なんだよね」ということを言ったら、

それだったら払ってあげるよ。

って言われたんです。

 

まさか・・。

そんなことがあるとは思っていなかったので、正直ビックリしましたね。

でも、少し不安に。

 

家賃を払ってもらっても、やることは今ままで通りですよね?
もちろん。

ちょっと、体の関係があるのでは?

と、頭をよぎったのですが、そんなことはなかったです(笑)

 

さいごに

家賃って、毎月必ず払わないといけない固定費です。

これが毎月あるので、本当に辛いです。

 

なんとかならないものか・・。

普通に働くだけでは、なかなかうまくいかないものです。

 

そんな時にやっぱり援助してもらう人が必要。

それが親の場合もあるし、パパの場合もあります。

 

時間は限りがあるものですので、すべてを仕事に使うことはできないです。

利用できるものは利用する。

そういう気持ちでやっていって、普段の生活を充実させてください。